PowerCMS™

MTCanonicalURL

MTCanonicalURL

インデックステンプレート、およびアーカイブテンプレート内で現在のぺージのURLを返します。このタグは、すべてのアーカイブタイプで利用可能です。

インデックステンプレート内では、ブログ・ウェブサイトのURLを出力します。
アーカイブテンプレート内では、処理中のページのURLを出力します。

このタグはPowerCMS 3.24から導入されました。

使い方

<link rel="canonical" href="<$MTCanonicalURL$>">
出力結果
<link rel="canonical" href="http://example.com/blog/" />

モディファイア

with_index="1"

1の値を設定した場合、出力されたURLにインデックスファイル名(通常index.html)を付与します。

1以外の値を設定した場合は、インデックスファイル名は付与されません。

初期値は0です。

current_mapping="1"

1の値を設定した場合、現在のコンテクストで出力されるURLを出力します。

1以外の値が設定されており、テンプレートに複数のアーカイブマッピングが設定されている場合、優先順位の高いマッピングのURLを出力します。

初期値は0です。