PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] リッチテキストエディタを使用した際の HTML の記述が XHTML の記述に変換されるのはなぜですか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。

MTML

スタティックパブリッシング専用のタグです。静的ファイル出力のテンプレートにのみ記載できます。tag モディファイアで指定した MT タグに params モディファイアで指定したパラメータを付けて MT タグとして出力します。<$MTML tag="MTBlogName" params='escape="html"'$><MTBlogName escape="html"> を出力します。MTDynamicMTML を使わず部分的に MT タグを出力したい場合、ブロックタグの開始タグ、終了タグだけを静的に出力する場合などに利用できます。

MTML タグは CGI が生成する動的な画面では動作しません。CGI の動的な画面で利用するには MTBuildRecurs を併せて利用する必要があります。

使い方

<MTML tag="MTIfUserHasPermission" params='permission="comment"'>
<MTBlogName escape="html">にコメントできます。
<MTML tag="MTElse">
<MTBlogName escape="html">にコメントできません。
<MTML tag="/MTIfUserHasPermission">

上記のテンプレートは下記のように出力されます。

<MTIfUserHasPermission permission="comment">
[ブログ名]にコメントできます。
<MTElse>
[ブログ名]にコメントできません。
</MTIfUserHasPermission>

モディファイア

tag="テンプレートタグ"

出力するテンプレートタグを指定します。指定は開始タグだけでなく、終了タグやファンクションタグも可能です。

params="モディファイア"

tag モディファイアへ指定したテンプレートタグ名に指定したいモディファイアを指定します。