PowerCMS™

MTExtFields

MTExtFields

エントリ内の拡張フィールドを順番に取り出します。

使い方

例: エントリ内の拡張フィールドのlabel (名前)、text (内容) を順番に出力する例
<ul>
<MTExtFields>
<li><$MTExtFieldLabel escape="html"$>: <$MTExtFieldText$></li>
</MTExtFields>
</ul>

フィールドをラベル名で指定して直感的に取り出すには?
PowerCMS の拡張フィールドをテンプレートタグで直感的に扱うには、あらかじめ MTExtFields ブロックタグの中で MTSetVarBlock タグを使い、値とラベル名を関連付けると良いでしょう。
<MTExtFields>
<MTSetVarBlock name="label"><$MTExtFieldLabel$></MTSetVarBlock>
<MTSetVarBlock name="$label"><$MTExtFieldText$></MTSetVarBlock>
</MTExtFields>

ループが実行されると各フィールドのラベルと値が変数に入りますので、以下のような記述で拡張フィールドの値を取り出すことができます。
<MTIf name="施設名">
施設名: <$MTVar name="施設名" escape="html"$>
</MTIf>
<MTIf name="住所">
所在: <$MTVar name="住所" escape="html"$>
</MTIf>