PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年12月) を追加しました。
[よくあるご質問] 開発用ライセンスとはなんですか? を追加しました。
[よくあるご質問] 開発用ライセンスだけ先に購入したいのですが可能でしょうか? を追加しました。

MTSearchResults

MTSearchResults

mt-search.cgi による検索の結果を表示するブロックタグです。MTSearchResults ブロックタグの内側では、記事に関するファンクションタグ MTEntry... を使うことができます。また、MTBlog... を使って、検索された記事が投稿されているブログについてのデータを表示できます。複数のブログを運営していると、すべてのブログの記事を対象とします。

ブログを限定したい場合は、mt-search.cgi を呼び出す際のオプションとして、IncludeBlogs=N のような形で指定してください。N にブログの ID 番号を入力します。また、環境変数 IncludeBlogs, ExcludeBlogs を指定することでも、検索対象のブログを制限できます。

使い方

<MTSearchResults>
  <MTSearchResultsHeader>
    <div id="search-results">
      <h1 id="page-title">
        <MTIfStatic><MTIfStraightSearch>「<$MTSearchString$>」と一致するもの</MTIfStraightSearch></MTIfStatic>
        <MTIfTagSearch>タグ「<$MTSearchString$>」が付けられているもの</MTIfTagSearch>
      </h1>
  </MTSearchResultsHeader>
  <MTBlogResultHeader>
      <p>Results from <a href="<$MTEntryBlogURL$>"><$MTEntryBlogName$></a></p>
  </MTBlogResultHeader>
    <$MTInclude module="Entry Summary"$>
  <MTBlogResultFooter>
      <p>End of <a href="<$MTEntryBlogURL$>"><$MTEntryBlogName$></a></p>
  </MTBlogResultFooter>
  <MTSearchResultsFooter>
    </div>
    <ul class="search-pager">
  <MTIfPreviousResults>
      <li><a href="<$MTPreviousLink$>" rel="prev" onclick="return swapContent(-1);">&lt; 前へ</a></li>
  </MTIfPreviousResults>
  <MTPagerBlock>
    <MTIfCurrentPage>
      <li><$MTVar name="__value__"$></li>
    <MTElse>
      <li><a href="<$MTPagerLink$>"><$MTVar name="__value__"$></a></li>
    </MTIfCurrentPage>
  </MTPagerBlock>
  <MTIfMoreResults>
      <li><a href="<$MTNextLink$>" rel="next" onclick="return swapContent();">次へ &gt;</a></li>
  </MTIfMoreResults>
    </ul>
  </MTSearchResultsFooter>
</MTSearchResults>