PowerCMS™

MTCustomConfigName

MTCustomConfigName

MTCustomConfigLoop または MTCustomConfig の中で、現在のコンテキストの設定の名前を出力します。

使い方

例:
<MTCustomConfig key="ConfigFoo">
<$MTCustomConfigName$>
</MTCustomConfigLoop>

設定の値が { 名前 => 'MTConfigFoo', キー=> 'ConfigFoo', 値 => 'FooValue' } の時、このテンプレートタグは「MTConfigFoo」を出力します。この時、名前が MT から始まっている名前を指定することで、カスタムタグ「MTConfigFoo」が利用できるようになります。
<$MTConfigFoo$> => FooValue
<$MTConfigFoo column="key"$> => 'ConfigFoo'.