PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年8月) を追加しました。
[よくあるご質問] PowerSync 1.33 を利用して「今すぐ実行」で同期を行ってもファイル/ディレクトリが同期されない原因はなんですか? を追加しました。

MTBuildRecurs

MTBuildRecurs

コメント確認等の CGI によって動的生成された画面において、MTML タグで出力された MT タグを再度処理して出力できます。

MTBuildRecurs タグの中で MTDynamicMTML タグは動作しません。MTBuildRecurs の中では MTDynamicMTML タグではなく MTRawMTML タグか MTML タグを利用してください。

使い方

<MTBuildRecurs>
<MTML tag="MTIfUserAgent" params='wants="keitai"'>
携帯用コンテンツ
<MTML tag="MTElse">
PC用コンテンツ
<MTML tag="/MTElse">
<MTML tag="/MTIfUserAgent">
</MTBuildRecurs>

通常 MTML タグを CGI の画面で利用する必要はありませんが、DynamicMTML を利用するページと同じテンプレートモジュールを参照するような場合には CGI の画面で MTML タグを利用する事になります。CGI の画面ではMTML タグは動作せず、そのような場合には MTBuildRecurs タグを利用する必要があります。
MTML タグを利用せずにテンプレートが記述できる場合には MTBuildRecurs タグを利用する必要はありません。

<MTIfUserAgent wants="keitai">
携帯用コンテンツ
<MTElse>
PC用コンテンツ
</MTElse>
</MTIfUserAgent>