PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[ブログ] 画面遷移をより少ない操作で行うための動線の追加 - リンク を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年4月) を追加しました。
[ブログ] Google 検索の結果に表示される URL を統一する を追加しました。

MTPagerBlock

MTPagerBlock

検索結果ページの総ページ分繰り返し処理を行います。

例えば1ページに表示する検索結果の件数を10件と設定したとき、75件の検索結果なら10件表示するページは7ページ、5件表示するページは1ページの合計8ページに分割されます。ですので、MTPagerBlock ブロックタグで囲まれた内容は、8回繰り返し処理されることになります。

使い方

M
<MTPagerBlock>
  <MTIfCurrentPage>o<MTElse><a href="<$MTPagerLink$>">o</a></MTIfCurrentPage>
</MTPagerBlock>
vable Type

ページ分だけ o が繰り返されます (検索結果が8ページに分割される場合は Moooooooovable Type と出力)

特別な変数

MTPagerBlock によるループの中では以下の特別な変数が利用できます。

__first__

ループ出力の最初であるとき、真 (1) となります。

__last__

ループ出力の最後であるとき、真 (1) となります。

__odd__

ループ出力の奇数回目のとき、真 (1) となります。

__even__

ループ出力の偶数回目のとき、真 (1) となります。

__counter__

ループした回数を格納します。