PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[ブログ] カテゴリ一覧を記事数の多い順からソートして表示する を追加しました。
[よくあるご質問] PowerSync を Movable Type AMI 版で利用することはできますか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerSync を Movable Type クラウド版で利用することはできますか? を追加しました。

MTElse

MTElse

条件タグの条件に合致しなかったときに、実行するブロックタグです。

MTElse タグの終了タグは省略することができますが、条件分岐のタグが入れ子になっている場合は終了タグを省略すると正しい結果が得られなくなる場合があり、そのような場合は終了タグを省略しないでください。

使い方

<MTSetVar name="love" value="polar bear">

<MTIf name="love" eq="elephant">
    <p>私はゾウを愛しています</p>
<MTElse>
    <p>私はゾウもシロクマも愛していないのです</p>
</MTElse>
</MTIf>

モディファイア

name="foo"

条件文の対象となる MTSetVar ファンクションタグに設定した name モディファイアの値を設定します。このモディファイアの値でどの値で条件分岐を行うかを決定します。このモディファイアは必須です。

tag="TagName"

指定したタグに値がある場合は true (真)。無い場合は false (偽) を返します。

さらに条件を細かく設定できます。何も指定しない場合は、MTSetVar ファンクションタグに value モディファイアが設定されていて、その値が 0 ではない場合にのみ実行します。

like="foo"

条件文の対象の値に foo が含まれる場合にのみ実行します。

また like モディファイアでは perl 正規表現を利用できます。

eq="foo"

条件文の対象の値が foo と一致する場合にのみ実行します。

ne="foo"

条件文の対象の値が foo と一致しない場合にのみ実行します。

lt="foo"

条件文の対象の値が foo よりも小さい場合にのみ実行します。

gt="foo"

条件文の対象の値が foo よりも大きい場合にのみ実行します。

le="foo"

条件文の対象の値が foo 以下の場合にのみ実行します。

ge="foo"

条件文の対象の値が foo 以上の場合にのみ実行します。

op="演算子"

演算子を指定することで値に対して四則計算が可能です。詳細はテンプレートタグで利用できる演算関数を参照してください。

index

配列のインデックス (添え字) を指定して、配列の変数から値を取り出します。

<MTElse name="foo" index="0" eq="hoge">

このMTタグは、以下のようにも書くことができます。

<MTElse name="foo[0]" eq="hoge">

名前[添え字] という記述が index モディファイアの代わりです。

key

ハッシュのキーを指定して、ハッシュの変数から値を取り出します。

<MTElse name="bar" key="a" eq="hoge">

このMTタグは、以下のようにも書くことができます。

<MTElse name="bar{a}" eq="hoge">

名前{キー} という記述が key モディファイアの代わりです。

test

Perl の式を記述することができ、結果を利用して条件分岐を行います。