PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] フォーム投稿の自動返信メールに連番の受付番号を付与することはできますか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年10月) を追加しました。
[新着情報] 【オンライン】11月24日(木) ステークホルダーとの信頼関係を構築できるサイトづくりとは? ~サイトでのBCP対策から情報配信のコツを一挙公開~ を追加しました。

MTIfCurrentYear

MTIfCurrentYear

selectname="from_y" としたループの中では、MTYear の値が最も古いエントリの公開日の年と一致するときにタグの内容を処理し、selectname="to_y" としたループの中では、MTYear の値が最も新しいエントリの公開日の年と一致するときにタグの内容を処理します。

使い方

日付の範囲指定をする場合の典型的な開始年を指定するドロップダウンメニューを作成するテンプレー例
<select name="from_y">
<MTYears select_name="from_y">
<option value="<$MTYear$>"<MTIfCurrentYear> selected="selected"</MTIfCurrentYear>><$MTYear$></option>
</MTYears>
</select>