PowerCMS™

MTSubFolders

MTSubFolders

サブフォルダを階層化してリスト表示するブロックタグです。

使い方

<MTSubFolders>
  <!-- do something -->
</MTSubFolders>

モディファイア

include_current="1"

現在のフォルダもリストに表示する場合に指定します。

top="0 | 1"

1を指定すると、最上位のトップレベルフォルダからリストを表示します。mt:TopLevelFolders と同様の挙動となります。

sort_by="user_custom"

PowerCMS 3.1 で追加されました。標準の値は、sort_by="user_custom"です。管理画面で並び替えた順番で、フォルダの一覧を出力します。

例えば、以下のコードはフォルダを並び順で階層表示し、各フォルダのウェブページをリストします。

<mt:SubFolders top="1">
    <mt:FolderHeader><ul></mt:FolderHeader>
    <mt:If tag="FolderCount">
        <li><$mt:FolderLabel$> (<$mt:FolderCount$>)
             <mt:Pages sort_by="title" sort_order="ascend">
                <mt:PagesHeader>
                  <ul>
                </mt:PagesHeader>
                <li class="page page-<$mt:PageID$>"><a href="<$mt:PagePermalink$>"><$mt:PageTitle$></a></li>
                <mt:PagesFooter>
                </ul>
                </mt:PagesFooter>
              </mt:Pages>
    <mt:Else>
        <li><$mt:FolderLabel$>
    </mt:If>
    <$mt:SubFolderRecurse$>
        </li>
    <mt:FolderFooter></ul></mt:FolderFooter>
</mt:SubFolders>

user_custom以外にも、次の値を指定することができます。この場合、管理画面で設定した並び順を無視し、指定した値でソートします。

  • label : 「フォルダ名」
  • description : 「説明」
  • basename : 「出力ファイル/フォルダ名」
  • created_on : 「作成日」
  • modified_on : 「更新日」
  • user_custom : 管理画面の並びかえ順(標準)
sort_order="ascend | descend"

並べる順序を指定します。ascend を指定すると昇順、descend は降順になります。

<mt:SubFolders sort_by="label" sort_order="descend">
</mt:SubFolders>    

このブロックタグ内で、<mt:FolderPrevious>タグ、および<mt:FolderNext>タグを利用した場合は、sort_byで指定した順番で、前と次のフォルダを表示します。

sort_method="sub_foo"

Perl のメソッド名を使って並び替えます。