PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] リッチテキストエディタを使用した際の HTML の記述が XHTML の記述に変換されるのはなぜですか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。

MTEstraierResults

MTEstraierResults

検索結果をループ出力します。このタグの中では以下の変数がセットされています。
<$MTVar name="__start__"$>(現在表示している検索結果の開始番号)
<$MTVar name="__last__"$>(現在表示している検索結果の最後の番号)

使い方

<MTEstraierResults>
  <!-- do something -->
</MTEstraierResults>

モディファイア

no_query="1 | 0"

検索キーワードに関係なく、検索対象である全てのコンテンツを出力したい場合に指定します。

no_query を指定した場合、query は指定に関係なく機能しません。

suffix="html"

検索対象にするファイルの拡張子を指定します。

suffix パラメータが指定されている場合はパラメータの値が優先されます。

wwidth="120"

MTEstResultExcerpt タグが出力する概要の内容について、全体の幅を指定します。

初期値は 120 です。

hwidth="3"

MTEstResultExcerpt タグが出力する概要の内容について、文書の先頭から取得する幅を指定します。

初期値は 3 です。

awidth="60"

MTEstResultExcerpt タグが出力する概要の内容について、検索語周辺から取得する幅を指定します。

初期値は 60 です。

operator="AND"

検索キーワードを複数入力した場合の検索条件を指定します。

初期値は AND です。

separator=" "

検索キーワードを複数入力した場合の区切り文字を指定する

初期値は (半角スペース) です。

add_attr="user_custom"

絞り込みなど複数条件をあわせる場合に対象を指定し、add_condition とあわせて指定します。

対象は下記のように複数の指定も可能です。

add_attr="user_custom1","user_custom2"

add_condition="STROREQ"

絞り込みなど複数条件をあわせる場合、add_attr に指定した対象に対する演算子を指定します。

初期値は STROREQ です。

指定可能な演算子

  • STREQ (指定した文字列と一致する)
  • STRNE (指定した文字列と一致しない)
  • STRINC (指定した文字列を含む)
  • STRBW (指定した文字列で始まる)
  • STREW (指定した文字列で終わる)
  • STRAND (指定した文字列の全てのトークンを含む)
  • STROR (指定した文字列の一つ以上のトークンを含む)
  • STROREQ (指定した文字列の一つ以上のトークンと一致する)
  • STRRX (指定した文字列の正規表現に合致する)
  • NUMEQ (数値や日付が指定したものと等しい)
  • NUMNE (数値や日付が指定したものと等しくない)
  • NUMGT (数値や日付が指定したものより大きい)
  • NUMGE (数値や日付が指定したものと同じかより大きい)
  • NUMLT (数値や日付が指定したものより小さい)
  • NUMLE (数値や日付が指定したものと同じかより小さい)

演算子の先頭に ! をつけると、演算子の条件に当てはまらないものに絞り込みできます。例えば !STREQ を指定すると STREQ の条件に当てはまらないもので絞り込みできます。

add_attr と同様に add_condition も複数の指定が可能です。

add_condition="STROREQ","STROREQ"

add_query="user_custom_value"

検索条件に絞り込みなど複数条件をあわせる場合に add_attr に対応する値を指定します。

add_attr や add_condition と同様に複数の指定が可能です。

add_query="user_custom_value1","user_custom_value2"

set_order="customfield_sort"

検索結果の表示順の対象を指定します。

検索結果のソート順をマッチ順から変更したい場合に order_condition とあわせて指定します。

order_condition="STRA"

検索結果のソート順をマッチ順から変更したい場合、 set_order へ指定した対象に対する表示順の種類を指定します。

指定可能なソート順

  • STRA (文字列(辞書順)の昇順)
  • STRD (文字列(辞書順)の降順)
  • NUMA (数値または日付の昇順)
  • NUMD (数値または日付の降順)