PowerCMS™

MTCustomObjects

MTCustomObjects

カスタムオブジェクトをループで出力します。

コンテクスト(MTVar)にセットされる値
__first__: ループの最初
__counter__: ループの何回目か
__odd__: 奇数回目の出力
__even__: 偶数回目の出力
__last__: ループの最後

使い方

<MTCustomObjects>
  <!-- do something -->
</MTCustomObjects>

モディファイア

class="foo"
オブジェクトのクラスを指定します。Book プラグインでは book がクラスになります。
lastn (limit)="N"
何件表示するかを指定します(既定値:9999)。
offset="N"
何件目から表示するかを指定します(既定値:0)。
sort_order"ascend | descend"
昇順、降順を指定します(descend, ascend / 既定値: ascend)。
sort_by="foo"
ソートするカラム名を指定します(created_on, authored_on 等 / 既定値: id)
blog_id="ID"
カスタムオブジェクトが属するブログの ID を指定する場合に記述します。
tag="tag_foo"
タグが一致するカスタムオブジェクトを取得します。
group="foo"
カスタムオブジェクトグループの名前を指定して、グループに属するカスタムオブジェクトを指定したソート順で出力します。group モディファイアが指定されている場合、sort_by モディファイアの値は無視されます。
group_id="ID"
カスタムオブジェクトグループのIDを指定して、グループに属するカスタムオブジェクトを指定したソート順で出力します。group_id モディファイアが指定されている場合、sort_by モディファイアの値は無視されます。
ids="ID,ID,..."
指定のIDのカスタムオブジェクトにフィルタリングしたいときに使用します。IDは「 ids="1,2" 」の形でカンマ区切りで複数指定できます。
include_draft="0 | 1"
ステータスが公開以外のカスタムオブジェクトを出力したい場合に 1 を指定します。 (既定値: 0)