PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] リッチテキストエディタを使用した際の HTML の記述が XHTML の記述に変換されるのはなぜですか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。

MTEstResultPager

MTEstResultPager

検索結果のページ送りをループで出力します。
このタグの中では以下の変数がセットされています。
<MTVar name="__current__">(現在表示している検索結果のページと、ループのページ番号がマッチする場合に1)
<MTVar name="__counter__">(ループのページ番号)

使い方

例:
<MTEstResultPager>
<MTEstResultPagerHeader>
<p>
<MTIfEstResultPrev>
<a href="<$MTVar name="search_params"$><MTVar name="__prevoffset__">">前へ</a>
</MTIfEstResultPrev>
</MTEstResultPagerHeader>
<MTIf name="__current__"><strong>[<MTVar name="__counter__">]</strong>
<MTElse><a href="<$MTVar name="search_params"$><MTVar name="__offset__">">
[<MTVar name="__counter__">]</a></MTElse></MTIf>
<MTEstResultPagerFooter>
<MTIfEstResultNext><a href="<$MTVar name="search_params"$><MTVar name="__nextoffset__">">次へ</a></MTIfEstResultNext>
</p>
</MTEstResultPagerFooter>
</MTEstResultPager>