PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] リッチテキストエディタを使用した際の HTML の記述が XHTML の記述に変換されるのはなぜですか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。

MTDynamicMTML

MTDynamicMTML

静的ファイルを出力するテンプレートに記載した場合、開始タグと終了タグを含むこのブロックは内容が処理されずそのままファイルに出力されます。このブロックの内部に記述してファイルに残った MTML はダイナミックパブリッシングによってビルド処理されます。
このタグおよび MTRawMTML タグをダイナミック MTML 静的出力(PHP による静的ビルド)の際に有効化するためにはテンプレート内でユニークな値を(最初の)モディファイア「id」で指定してください(Smarty のテンプレートで id が必要となるため、インクルードされたテンプレート内では利用できません)。

MTDynamicMTML タグは MTBuildRecurs タグの中では動作しません。MTBuildRecurs タグの中では MTDynamicMTML タグではなく MTRawMTML タグか MTML タグを利用してください。

使い方

<MTDynamicMTML>
  現在は <$MTDate format="%H時%M分%S秒"$> です。
</MTDynamicMTML>

モディファイア

preview_dynamic="1"

MTDynamicMTML タグはプレビュー画面で動作しません。プレビュー画面で動作させたい場合に 1 を設定します。