PowerCMS™

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問 > PowerCMSの機能

PowerCMSの機能

mt-config.cgi に環境変数 EnableUploadCompat を設定してください。

続きを読む

.htaccessなどのファイル名が「.」(ドット)で始まるファイル (ドットファイル) を同期対象としたい場合、環境変数の設定が必要です。

続きを読む

ご利用のサーバ構成によって確認すべき点が異なるため、利用状況に合わせて確認をおこなってください。

続きを読む

記事とウェブページのほか、記事やウェブページから作成したリビジョン(別版)についてワークフローに回すことができます。

続きを読む

承認依頼時のメール通知は「所有者の変更」欄から選択されたユーザへ、公開時のメール通知は作成から公開までの間ワークフローに関わったすべてのユーザへ送られます。

続きを読む

はい、オプションプラグインの Logrotate プラグインを利用することで可能です。

続きを読む

AssetStatus プラグインをインストールすることで、アイテムにステータス情報が追加され、管理画面の一覧にも列が追加されます。
ただし、インストールする前から既に登録されていたアイテムは、「公開」「下書き」を示す状態(ステータス)が未定義になり、一覧画面上の表示が「 - 」となります。
なお、これらステータスが未定義のアイテムは実質的に公開のステータスとして扱われます。

そのようなアイテムは編集画面でステータスを「公開」に設定し直すことで、アイテム一覧画面のステータス列に「公開」が表示されるようになります。また、ステータスを「下書き」に変更する場合は、サイト側で「公開」されているアイテムが「下書き」になりアクセスできなくなるので、注意が必要です。

続きを読む

空白が出力されない設定はありませんが、削除することが可能です。

続きを読む

CSV を利用してユーザーを追加・更新する時に下記のカラム行が必要になります。

続きを読む

はい、できます。
フォームの編集画面内の「遷移先 URL」を設定することで、フォームへ投稿後はその URL へ遷移します。

記事、ウェブページやリビジョンの情報を出力するテンプレート変数を用意しています。

続きを読む

PowerSearch (mt-estraier.cgi) で使えるパラメータとして定義をしているものになります。

続きを読む

利用できるテンプレート変数は3種類です。

続きを読む

リビジョンの編集画面へ再度アクセスする場合には一覧画面やメール通知中にあるリンクからアクセスしてください。

続きを読む

管理画面の設定やサーバ上のファイルを確認するなどいくつか方法があります。

続きを読む

プラグインのファイルを追加や削除するなどサーバ上のファイル構成を変更した場合は PowerCMS のプロセスを再起動する必要があります。

続きを読む

アイテムと記事やウェブページの関連付け情報を表示しています。

続きを読む

記事やウェブページとアイテムの関連付け情報を元に、関連付けがないアイテムを絞り込みできます。

続きを読む

管理画面よりシステムメニューやウェブサイトメニューから[ツール] > [ログ]を開き、「ログを消去」をクリックするとすべてのログが削除できます。
※削除されたログは復元できません。

続きを読む

PowerCMS 5.13 / 4.43 / 3.294 以上をご利用ください。

続きを読む

エディションを変更された目的によって異なります。

続きを読む

特定の日時に記事・ウェブページを公開することも非公開にすることも可能です。
また、リビジョン機能と組み合わせることで、特定の日時に次の版に差し替えることもできます。

日時の予約は記事・ウェブページの編集画面で設定できますが、実際には設定された日時以降にタスク実行の処理がされたタイミングで、予約した記事・ウェブページが公開・非公開となります。

続きを読む

種類をかえることはできないためカスタムフィールドを作り直す必要があります。

続きを読む

システムレベルのプラグイン設定「メニューの表示順」で変更できます。

続きを読む

出力ファイル名を入力するには権限「記事の公開」が必要です。

PowerCMS の管理画面は日本語と英語に対応しています。

powercms_files/backup 以下には PowerCMS のリビジョン機能の実データがファイルで保存されており、これらのファイルは管理画面上のデータと連動しています。

続きを読む

拡張子が誤っている場合、アップロード時に本来の拡張子へ自動で修正します。

続きを読む

管理画面にログインするユーザー名にはいくつか制限があります。

続きを読む

テンプレートに関して可能な権限設定は、「テンプレートの管理」が出来るか、出来ないかのみです。 「閲覧のみ」に限定した権限設定は出来ません。

続きを読む

アイテムをアップロードする際に、「モバイル向け画像保護」にチェックを入れると、画像ファイルに対してフィーチャーフォンで画像の転送を禁止するためのメタ情報を追加します。これは、ドコモと au のみ有効です。

続きを読む

考えられるケースとして以下のようなものがあります。

  • リンク先のファイル名が別名 (先頭に mt-preview- がついたもの) にかわっている
  • ファイルへのリンク先が 404 エラーで表示されない

続きを読む

可能です。

記事の公開日時と同じ日時を本番環境の同期日時に設定すると、記事が公開されてから本番環境への同期が行われます。
※同期機能はプロフェッショナル版以上に含まれる、Copy2Public プラグインをインストールすることでご利用可能です。

続きを読む

はい、可能です。この機能は AssetStatus プラグインにより提供されます。

PowerCMS 4からの機能となりますので、旧バージョンの PowerCMS をご利用のお客様は、PowerCMS 4にアップグレードすることで利用することができます。

続きを読む

はい。尚、この機能は Enterprise エディション以上で利用できます。HTML 文書と PDF 文書を対象とした検索や Office 文書(「.doc」「.ppt」「.xls」)の検索も可能です。

続きを読む

はい、可能です。 API を利用する方法のほかに、カスタムオブジェクトを利用して PowerCMS 内で完結させる方法もあります。

続きを読む

上記 CSV 出力は出来ません。カスタマイズにて対応可能です。個別にご相談ください。

PowerCMS アドバンスト版でご利用頂けます。

フォーム機能は PHP ではなく Perl CGI で動作するため、ご利用いただけます。なお、フォームをダイナミックパブリッシング(DynamicMTML)で出力する場合、PHP 4 はサポートされません。

配信先は PowerCMS のユーザーとして登録します。

「メールマガジンの購読」という権限を付与することで、配信対象ユーザーとなります。ユーザーを CSV から一括登録することも可能です。
尚、メールマガジンを受信する権限のみ付与されているユーザーは PowerCMS にログインすることはできません(会員情報の変更画面へのログインは可能)。

続きを読む

メールの同時配信数はサーバスペックによります。但し、CMS が動作しているサーバから配信する場合、レンタルサーバ等で大量のメールを配信するのは難しいとお考えください。大量のメールマガジンの配信を企画している場合は、個別にご相談ください。

続きを読む

はい、可能です。

続きを読む

はい。可能です。承認ワークフローはブログ単位で設定いただけます。

はい、可能です。承認・公開までの回数に上限はなく、承認依頼や差し戻しなど無制限に行えます。

続きを読む

はい、可能です。尚、この機能は Professional エディション以上で利用できます。サインアップフォーム、ログインフォーム、会員情報の修正フォーム、パスワードリセットフォームや各種通知メールのテンプレート、ユーザー承認機能や退会機能が標準で含まれています。

はい、可能です。尚、この機能は Enterprise エディション以上で利用できます。既存の HTML ページをブログの「ウェブページ」または「ブログ記事」としてインポートすることができます。

検索対象の拡張子はパラメータで指定することができます。

続きを読む

条件指定サイト内検索(AltSearch)はすべてのエディションでご利用いただけるサイト内検索機能で、ダイナミックパブリッシング(PHP)を利用してデータベースに SQL 文を発行して検索を実行します。キーワード(カスタムフィールド対応)だけでなくカテゴリの AND OR 指定で検索が可能です。検索結果の表示順はデータベースの特定のキー(日付や文字列)の昇順または降順になります。

続きを読む

カスタムオブジェクトやバナー機能と DynamicMTML を使用して検索エンジンのキーワードでビジュアルやコンテンツを分岐することが可能です。 また、流入経路やクッキーの値によってビジュアルやコンテンツを分岐することもできます。

続きを読む

はい。様々な切り口(カテゴリ、タグ、日付、著者等)で静的な一覧ページを作成し、コンテンツの内部リンクを張り巡らせることで検索エンジンフレンドリーなサイト構造にすることができます。また、静的 HTML の出力が可能なため、ページの配信スピード面でも有利です。サイトマップの自動作成機能もあります。

メールアドレス指定欄で、MT タグを使用できます。

続きを読む

Professional エディション以上の PowerCMS で可能です。
サーバ間の同期の実行は管理画面から実行(または予約)できます。

ただし、この機能は単純にファイルの同期のみですので、それだけでは公開サーバで PowerCMS の動的動作部分を利用することが出来ません。(フォーム、コメント、トラックバック、検索やダイナミックパブリッシングなどデータベース接続が必要な機能)。

続きを読む

PowerCMS にはオブジェクト・グループという機能があり、ウェブページ / ブログ記事 / カテゴリ / ブログ / ウェブサイトをグループ化してドラッグ&ドロップで自在に並べ替えられます。

このグループ機能は、単なる並び替えの機能ではなく「グループ化」+「ソート順」指定機能ですので、任意のオブジェクトを選択して表示順を指定できます。尚、グループはいくつでも作成できます。

続きを読む

Copy2Public (PowerSync) のプラグイン設定「ステージ環境のパス」にウェブサイト(ブログ) の「公開パス」の値を指定することで実現できます。

続きを読む

PowerCMS に無償バンドル(2017年12月より)されたプラグイン PowerCMS 8341 をぜひご活用ください。

続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。