PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] フォーム投稿の自動返信メールに連番の受付番号を付与することはできますか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年10月) を追加しました。
[新着情報] 【オンライン】11月24日(木) ステークホルダーとの信頼関係を構築できるサイトづくりとは? ~サイトでのBCP対策から情報配信のコツを一挙公開~ を追加しました。

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問 > PowerCMSの機能 > PowerSync (Copy2Public) のメール通知…

PowerSync (Copy2Public) のメール通知で使えるテンプレート変数

PowerSync (Copy2Public) のメール通知で使えるテンプレート変数は3種類あります。

cp_label

同期予約する際のダイアログのなかで、管理用ラベルに指定した値が出力されます。

cp_stage

ステージ環境に同期の時には 1 が、公開環境に同期の時は 0 が入り、その値からどちらに同期しているか判断ができます。
下記のように記述することでステージ環境に同期か公開環境に同期かを出しわけが行えます。

<MTIf name="cp_stage">ステージ環境に同期<MTElse>公開環境に同期</MTIf>

cp_ts

同期予約する際のダイアログのなかで、指定した日時の値 (年月日時分秒) が出力されます。
下記のように記述することで日時を「2020年11月12日 12:34」という形式で出力できます。

<$MTDate language="ja" ts="$cp_ts"$>
  
更新日
2021年1月22日

この質問の関連カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。