PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] フォーム投稿の自動返信メールに連番の受付番号を付与することはできますか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年10月) を追加しました。
[新着情報] 【オンライン】11月24日(木) ステークホルダーとの信頼関係を構築できるサイトづくりとは? ~サイトでのBCP対策から情報配信のコツを一挙公開~ を追加しました。
ホーム > PowerCMS > ドキュメント > スタンダード版 > オプションプラグイン >

システムログのローテーション

アドオン・プラグイン
タグ

ローテーションを定期実行するスクリプトにより、システムログのローテーションを行うことで肥大化を防ぎます。

ローテーションされたシステムログは CSV または ZIP で保存されます。ログのファイルは $MT_DIR/powercms_files/logrotate に保存され、ファイルに保存されたログの内容はシステムログから削除されます。

プラグインの設定

設定項目 解説 初期値 設定例
圧縮 チェックすると保存するログファイルが ZIP 圧縮されます。
日数を経過したログを csv に保存 指定した日数を経過したログがある場合はファイルとして保存されます (指定した日数を経過したログがない場合は保存されません) 7
この世代分のログを保存する 指定した世代数までのログファイルが保存されます (ファイル数は「世代数+1」となります) 5

実行方法

1. コマンドラインで実行する場合

cd $MT_DIR && /usr/bin/perl tools/mt-logrotate

2. cron で実行する場合

毎日午前2時に実行する crontab 設定

0 2 * * * cd $MT_DIR && /usr/bin/perl tools/mt-logrotate

インストール

  1. PowerCMS のパッケージ中の Logrotate ディレクトリをサーバーへアップロード、PowerCMS のプラグインディレクトリ (※1) へ設置する

    PowerCMS パッケージ内のパス:
    options/plugins/Logrotate

  2. PowerCMS のパッケージ中の mt-logrotate ディレクトリをサーバーへアップロード、PowerCMS の toolsディレクトリへ設置する

    PowerCMS パッケージ内のパス:
    options/tools/mt-logrotate

※1 環境変数 PluginPath を指定している場合、パスがかわります


お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。