PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] リッチテキストエディタを使用した際の HTML の記述が XHTML の記述に変換されるのはなぜですか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問 > トラブルシューティング > プレビューの操作後にページはどの程度の時間まで表示確認できま…

プレビューの操作後にページはどの程度の時間まで表示確認できますか?

プレビューの操作後に表示確認が行えるのは操作直後、ページを移動したりブラウザを閉じるまでです。プレビューの操作後に表示確認が行えなくなった場合はプレビューの操作を再度行ってください。

操作直後だけでなく、長期間にわたって表示確認を行うことを希望の場合はステージ環境を設けたサイト・運用の構成をご検討ください。

プレビューの操作を行うとプレビュー用のファイルが生成されファイルの URL へアクセスすることで表示確認が行えます。 セキュリティの観点からプレビュー用のファイルは時間経過ともに削除され、ファイルが削除されるタイミングは設定や機能によって異なります。

プレビューファイルが削除されるタイミングは下記の通りです。

すべてのプレビューファイルに共通する動作

すべてのプレビューファイルに共通する動作として、プレビューファイルは作成されてから1時間を経過したあとのスケジュールタスクのタイミングに削除されます。

※ プレビュー操作の1時間後に削除するのではありません

記事/ウェブページのプレビューファイル

ダイナミックパブリッシング(DynamicMTML)が有効な場合、プレビューファイルはプレビューの操作直後に削除されます。この動作は環境変数 DeleteFileAtPreview によって変更することができます。初期値は 1 (有効) です。

リビジョンのプレビューファイル

リビジョンのプレビューファイルは環境変数 PowerRevisionTempFileMaxTime (初期値 : 2200) の時間を過ぎたタイミングに削除されます。

外部プレビュー (ExternalPreview) のプレビューファイル

外部プレビュー機能によって作成されたプレビューファイルはプラグイン設定「プレビューの持続時間(ミリ秒)」(初期値 : 2200) の時間を過ぎると削除されます。

  
更新日
2022年3月10日

この質問の関連カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。