PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[新着情報] PowerCMS 5.26 パッケージ差し替えについて を追加しました。
[よくあるご質問] Copy2Public / PowerSync で「日時指定」を選択して同期が行えない原因は何ですか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2024年1月) を追加しました。

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問 > トラブルシューティング > データベースのダンプファイルを取得するときの注意点はあります…

データベースのダンプファイルを取得するときの注意点はありますか?

データベースに保存されているバイナリデータを16 進表記に変換してダンプファイルを取得してください。

PowerCMS のデータの一部はバイナリ形式となっており、バイナリ形式のデータが原因でダンプファイルを復元した後に PowerCMS でエラーが発生する場合があります。 バイナリデータを 16進表記に変換することでエラーが発生することを回避できます。

下記の対応で 16 進表記に変換することができます。

mysqldump コマンドでは --hex-blob のオプションを追加してください。
phpMyAdmin ではオプションの 「 16 進表記でバイナリカラムをダンプする」 にチェックを入れた状態で、データをエクスポートしてください。

  
更新日
2023年2月3日

この質問の関連カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。