PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[新着情報] PHP 8.2 に対応した PowerCMS 6.5 の提供を開始 を追加しました。
[新着情報] PowerCMSクラウド の月額費用を、2024年7月1日より価格改定します を追加しました。
[新着情報] アルファサードのゴールデンウィーク休業について を追加しました。

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問 > トラブルシューティング > 特定の画面や操作、入力を行うと PowerCMS とは異なる…

特定の画面や操作、入力を行うと PowerCMS とは異なるエラー画面が発生する原因は何ですか?

WAF (Web Application Firewall) を導入されている場合はその影響である可能性が高いです。

WAF を導入されている場合、入力内容やパラメータによってアクセスをブロックします。

下記はサポートへお問い合わせ頂いたお客様の運用に影響があったケースです。

  • JavaScript を入力する
  • PHP を入力する
  • サーバー内のパスを入力する
  • 相対パスを入力する

WAF (Web Application Firewall) の影響であるかの確認・切り分け

WAF の影響であるかはウェブサーバーのアクセスログをご確認ください。

WAF がアクセスをブロックしている場合は PowerCMS へアクセスができないためエラー発生時の操作はウェブサーバーのアクセスログに何も出ません。

  
更新日
2022年12月26日

この質問の関連カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。