PowerCMS™

12月12日東京、12月19日大阪にて PowerCMS X 製品発表会を開催いたします。大阪会場はお席に余裕がございます。

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問 > 動作環境 > ステージ同期、公開サーバ同期の仕組みについて教えてください。

ステージ同期、公開サーバ同期の仕組みについて教えてください。

同期については、同一サーバ上の複数ディレクトリにおけるファイルの同期となります。同期対象となるのは差分ファイルのみです。尚、設定によって、FTP(パスワード方式の SFTP)で遠隔サーバへファイルを転送することも可能です。

この場合、差分ファイルを ZIP ファイルにまとめて、公開側サーバのテンポラリ領域にログファイルと一緒に転送します。

イメージ図

公開サーバ側での展開(及び削除済みファイルの削除)は公開サーバ側で Perl スクリプトを実行する必要があります(通常は公開サーバ側で CRON ジョブに登録します)。

実行可能なのはウェブサイト / ブログ管理者権限のあるユーザーとなります。

ウェブサイト / ブログの「ツール」メニューに「ステージ同期」「公開サーバ同期」というメニューが表示されます。

クリックすると表示されるダイアログで同期対応のディレクトリを一覧から選択し、「次へ」ボタンをクリック、「今すぐ実行」「日時指定」を選択して同期を実行します。

  
更新日
2013年5月13日

よくあるご質問のトップへ戻る

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。