PowerCMS™

ステージングサーバー連携機能

ホーム > PowerCMS > PowerCMSの機能 > 機能一覧 > ステージングサーバー連携機能

ステージングサーバー連携機能

  • プロフェッショナル版
  • エンタープライズ版
  • アドバンスト版

CMS で生成したファイルをステージングサーバー、公開サーバーへ2段階で配信可能。配信予約も可能です。新たに SFTP での転送、複数箇所への配信をサポートしました。 (配信先では一部機能(検索、フォーム等)に制限があります)

イメージ図

3段階の配信機能

PowerCMS を静的なコンテンツ生成の CMS として利用し、更新されたファイルだけを他のサーバーへ転送できます(同一サーバーの別領域へのコピー、リモートサーバーへの転送の2段階転送が可能)。
PowerCMS の出力先、ステージ環境、公開環境の3カ所に静的ファイルを同期できます。同期は管理画面から行うことができ、タイマーでの配信予約も可能になりました。
配信予約は複数日時を指定できます。

公開環境への同期時にはリモートサーバへの転送指定が可能

公開時には CMS サーバーとは別のサーバーを指定してリモートサーバへの転送が可能です。CMS 環境と公開環境を物理的に切り離すことで、セキュリティの確保が容易になり、コンテンツのコンプライアンスチェックも確実に行えます。
※公開サーバーでは動的に動作する一部機能(検索等)に制限があります。

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。