PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] リッチテキストエディタを使用した際の HTML の記述が XHTML の記述に変換されるのはなぜですか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問 > インストール > 環境変数 PIDFilePath で指定されたファイルはどん…

環境変数 PIDFilePath で指定されたファイルはどんな用途に使われますか?

PowerCMS を PSGI で運用する際にプロセスID (PID) が保存され、PSGI アプリケーションの再起動時に利用されます。

以下の様なアプリケーション全体の動作に関わるような設定変更を行った場合、PSGI アプリケーションの再起動が必要です。

  • インストール / アップグレードの完了時
  • デバッグモードなどシステム設定の変更
  • カスタムフィールドの追加 / 削除

PSGI アプリケーションの再起動は環境変数 PIDFilePath で指定されたファイルに記述されているプロセス ID に対して SIGHUP を送出することで行えます。

  
更新日
2021年12月24日

この質問の関連カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。