PowerCMS™

PIDFilePath

PIDFilePath

PowerCMS を PSGI で運用する際にプロセスID (PID) の指定を行います。

PowerCMS を PSGI で起動する場合、PID の指定を行う必要があります。以下の様なアプリケーション全体の動作に関わるような設定変更を行った場合、mt.psgi はアプリケーションの再起動を試みます。

  • インストール / アップグレードの完了時
  • デバッグモードなどシステム設定の変更
  • カスタムフィールドの追加 / 削除

実際には、上記作業が発生した時に、PowerCMS が環境変数 PIDFilePath で指定されたファイルに記述されているプロセス ID に対して SIGHUP を送出します。この動作を実現するため、Web サーバーの pid オプションを利用して保存先を指定し、かつ、mt-config.cgi にも同ファイルへのパスを追記してください。

            # in mt-config.cgi
            PIDFilePath /var/run/mt.pid

            # then run starman
            $ starman --pid /var/run/mt.pid ./mt.psgi
            

PSGI で運用する場合に本設定は必ず行ってください。また、PSGI で運用しない場合に本設定は行わないでください。

使い方

PIDFilePath /var/run/mt.pid

初期設定値

この環境変数に初期設定値はありません。

PIDFilePath と関連のある環境変数 (1)