PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[新着情報] PowerCMS 5.26 パッケージ差し替えについて を追加しました。
[よくあるご質問] Copy2Public / PowerSync で「日時指定」を選択して同期が行えない原因は何ですか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2024年1月) を追加しました。

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問 > テンプレートのカスタマイズ > PowerCMS で 403/404 エラーページを作成する…

PowerCMS で 403/404 エラーページを作成することはできますか?

PowerCMS で 404 などエラーページを作成することができます。その方法は利用機能によって異なります。

DynamicMTML もしくはダイナミックパブリッシングの場合

DynamicMTML もしくはダイナミックパブリッシングを利用している場合、各ウェブサイト (ブログ) にあるシステムテンプレート「ダイナミックパブリッシングエラー」の内容を変更してください。

DynamicMTML もしくはダイナミックパブリッシングを利用している場合は 403 もしくは 404 エラー時にはテンプレート「ダイナミックパブリッシングエラー」の内容を表示する仕様で、ウェブサーバーに設定されたエラーページは表示されません。

スタティックパブリッシングの場合 (DynamicMTML もしくはダイナミックパブリッシングを利用していない場合)

スタティックパブリッシングを利用している場合、PowerCMS で 404 エラーページ用のファイルを作成し、そのファイルが利用されるようにウェブサーバーへ設定を行います。

404 エラーページ用のファイルは、ウェブページやインデックステンプレートで作成、出力します。

ウェブサーバーへの設定について、例えば Apache をウェブサーバーに利用している場合、下記の設定を行うと 404 エラーページとして 404.html が利用されるようになり、この内容を Apache の設定ファイルや .htaccess ファイルへ設定します。

ErrorDocument 404 /404.html

ErrorDocument ディレクティブについては Apache のドキュメントを参照してください。

  
更新日
2023年4月11日

この質問の関連カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。