PowerCMS™

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問 > トラブルシューティング > サムネイルが生成されない

サムネイルが生成されない

アップロードしたアイテムのサムネイルが生成されない場合、
PowerCMS バージョンによるもの、もしくは、必要なライブラリがインストールされていないなどが考えられます。

状況により対応方法が異なりますので、以下、ご確認ください。

PNG画像のみサムネイルが作成されない場合

PowerCMS 5.14 / 4.44 / 3.295 未満をご利用の場合に一部のサーバで問題が発生することを確認しています。この問題は PowerCMS 5.14 / 4.44 / 3.295 以上のバージョンへアップグレードを行うことで解消します。
GIF 画像など PNG 画像以外でもサムネイルが生成されない場合はこのケースに当てはまりません。

ImageMagick を利用中の場合

ImageMagick が正常にインストールされていないか、必要な画像処理用のライブラリが足りない可能性があります。この場合、ログにエラーが残ることがあります。

エラーが発生しました: Can't call method "scale" on an undefined value at /var/www/cgi-bin/mt/plugins/XXX/lib/XXX/Plugin.pm line XXXX.

ファイルフォーマットによって表示される / されない場合、ライブラリが不足している可能性があります。
例えば、GIF ファイルはサムネイル生成されるが、JPEG / PNG などで失敗する場合、libjpeg / libpng をインストールすることで解決することがあります。

ImageMagick で扱えるフォーマットについては下記のコマンドにて確認いただけます。

$ identify -list format

例えば、PNG ファイルに必要なライブラリーが入っているか確認するには、下記のように確認可能です。

$ identify -list format | grep PNG
      JNG* PNG       rw-   JPEG Network Graphics
      MNG* PNG       rw+   Multiple-image Network Graphics (libpng 1.5.13)
      PNG* PNG       rw-   Portable Network Graphics (libpng 1.5.13)
           See http://www.libpng.org/ for details about the PNG format.
    PNG24* PNG       rw-   opaque 24-bit RGB (zlib 1.2.7)
    PNG32* PNG       rw-   opaque or transparent 32-bit RGBA
     PNG8* PNG       rw-   8-bit indexed with optional binary transparency

実行結果に対象のファイルフォーマットが表示されない場合、対応するライブラリーをサーバーにインストールしてください。

必要なライブラリーがインストールされている場合は、コマンド実行でサムネイルを作成することも可能です。
以下、コマンドを実行し問題ないかご確認ください。

$ convert input.png -resize 100x100 output.png

何かしらエラーが出力されサムネイルが作成できない場合、ImageMagick のエラーを取り除いてください。

ImageMagick を利用できない場合

GD、NetPBM、Imager 等の代替ライブラリが利用できます。mt-config.cgi に環境変数 ImageDriver の指定をしてください。

例:

ImageDriver GD

各モジュールのインストール状況については mt-check.cgi またはシステム情報(mt.cgi?__mode=tools)で確認できます。

  
更新日
2020年9月11日

この質問の関連カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。