PowerCMS™

アドオン ContactForm.pack を使った機能

10件中1〜10件目を表示しています。

フォームに追加する項目の選択 ドラッグ&ドロップで項目の並び順を変更できます。各項目の「編集」リンクをクリックすると、その項目の編集画面が別ウィンドウで開きます。 フォームの設定 フォームの作成はウェブサイト/ブログ単位で行います。ウェブサイトの [フォーム] 内 [フォームの一覧] では所属するブログで作成したフォームも表示されます。 フォームの「名前」は同一のブログ内に重複して付けることはできません。 期間を指定して「公開期間を指定する」にチェックを入れると、公開期間を設定できます。 「投稿数を制限する」にチェックを入れ、最大投稿数に数値を指定すると、受け付ける投稿数を設定できま...

フォーム → 新規項目の作成をクリックします。 「名前」を入力します。 「種類」を選択します。ここで選択した種類によって、以降の入力欄が変化します。具体的には「オプション」「既定値」「入力チェック」「文字数制限」の表示/非表示がその種類に応じて切り替わります。種類と表示される入力欄の関係は上記の「フォーム項目の種類について」をご参照ください。 「オプション」が表示されている場合、値を入力します。種類が「チェックボックス」のときは、カンマで区切る必要はありません。それ以外の種類が選択されているときは、カンマ区切りでオプション (選択項目) の値を入力してください。 「既定値」を入力することがで...

使

カスタムフィールドの作成 カスタムフィールドの種類に「フォーム」が追加されていますので、これを選択してカスタムフィールドを作成します。すると、カスタムフィールドを追加したオブジェクトの作成・編集画面から任意の「フォーム」を選ぶことができるようになります。 テンプレートに作成したカスタムフィールドのタグを記述すれば、選択したフォームがページに出力されます。 フォーム画面の確認 作成したフォームを確認するには、エントリー編集画面で「表示」ボタンをクリックしてください。 デフォルトのスタイル 既定のテンプレートタグを利用してフォームを出力する場合、デフォルトのスタイルを適用することができます。CSS...

稿

[フォーム] > [投稿] では、フォームから送信された内容 (投稿) の一覧を見ることができます。 投稿データの削除、「確認済み」「未読」「フラグ付」といったステータスを変更したり、選択した投稿データを CSV 形式でダウンロードしたりすることができます。 フィードバックの編集 一覧の「投稿データ」列のリンクをクリックすると、投稿データの内容を個別に編集することのできる画面に遷移します。 投稿のステータス変更や削除はここからも行えます。任意の項目を編集して、「保存」ボタンをクリックしてください。 ...

フォームでは下記の項目が作成可能で、項目によって対応している機能が異なります。作成可能なフォーム項目は、プラグインによって追加することが可能です。 「入力チェック」を有効にすると、種類に応じて自動的に書式のチェックを行います。 「文字数制限」を有効にし、カウントする文字数を指定すると、入力される文字数を制限できます。 種類 説明 オプション 既定値 入力チェック 文字数制限 テキスト 1行テキスト × ○ × ○ テキスト(複数行) 複数行テキストエリア...

オプションプラグインとしてフォーム項目を追加するプラグインが提供されています。 追加可能なフォーム項目の種類について 下記のフォーム項目を追加することができます。 日付(ドロップダウン) ( CFDateDropDownField プラグイン ) 電子メール(確認用) ( CFEmailCheckField プラグイン ) ファイル ( CFFileField プラグイン ) 隠し項目 ( CFHiddenField プラグイン ) パスワード ( CFPasswordField プラグイン ) テキスト(複数フィールド) ( CFTextMultiField プラグイン ) 各フォーム項目表...

自由にフォームを作成・実装できる機能です。テキストやテキストエリア、チェックボックス、ラジオボタン、セレクトボックスなど様々なタイプが利用できます。ひとつひとつの入力項目を「フォーム項目」と呼び、作成したフォーム項目のグループを作って「フォーム」を構成します。 フォーム項目毎に必須項目の設定や入力チェックを行うことができます。フォームは公開期間の指定、投稿数の制限、投稿時の認証やメール通知の設定が可能です。 作成したフォームから送信された内容は「投稿」と呼ばれ、画面上で管理することや、CSV 形式でダウンロードすることができます。 カスタムフィールドに対応しており、あらかじめ用意された形式のフ...

インストール PowerCMS では ContactForm は標準機能となっており、下記のインストール作業は不要です ContactFormConfig プラグインをインストール(plugins ディレクトリにコピー) します。 ContactForm アドオンをインストール (addons ディレクトリにコピー) します。 ContactForm.pack スタティックファイルをインストール (MT の mt-static/addons ディレクトリにコピー) します。 GroupSorting スタティックファイルをインストール (MT の mt-static/plugins ディレクト...

ブロックタグ MTContactForms id モディファイアで指定したフォームに登録されたフォーム項目を順番にループで呼び出します。 ループ内では下記のテンプレート変数が利用できます。 __first__: ループの最初 __odd__: 奇数回目のループ __even__: 偶数回目のループ __last__: ループの最後 __counter__: ループの何回目か MTIfFormElementRequired 実行されているループの中で、出力されるフォーム項目が必須項目であればタグの内容を処理します。 MTIfFormElementValidate 実行されてい...

カスタムフィールド編集画面の [オプション] 欄にワークスペース/スペースの ID を指定することで、選択可能な範囲を設定することができます。詳細につきましては、下記のブログ記事をご参照ください。 カスタムフィールドで選択可能な範囲の指定方法の改善 ...

PowerCMS マニュアルを検索

キーワードを半角スペースで区切ると AND 検索となり、すべてのキーワードを含むページを検索します。

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。