PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] フォーム投稿の自動返信メールに連番の受付番号を付与することはできますか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年10月) を追加しました。
[新着情報] 【オンライン】11月24日(木) ステークホルダーとの信頼関係を構築できるサイトづくりとは? ~サイトでのBCP対策から情報配信のコツを一挙公開~ を追加しました。
ホーム > PowerCMS > ドキュメント > スタンダード版 > フォーム >

オプションプラグインによって追加されているフォーム項目

オプションプラグインとしてフォーム項目を追加するプラグインが提供されています。

追加可能なフォーム項目の種類について

下記のフォーム項目を追加することができます。

  • 日付(ドロップダウン) ( CFDateDropDownField プラグイン )
  • 電子メール(確認用) ( CFEmailCheckField プラグイン )
  • ファイル ( CFFileField プラグイン )
  • 隠し項目 ( CFHiddenField プラグイン )
  • パスワード ( CFPasswordField プラグイン )
  • テキスト(複数フィールド) ( CFTextMultiField プラグイン )

各フォーム項目表示サンプル

日付(ドロップダウン)
日付型
電子メール(確認用)
電子メール型
ファイル
添付ファイル型
隠し項目
input[type=”hidden”] にて出力されるため、画面上には表示されません。
パスワード

パスワード型

入力内容はマスクされます。「パスワードの確認」は自動で表示されます。

テキスト(複数フィールド)

テキスト(複数フィールド)型

それぞれの入力内容は結合して送信されます。

各フォーム項目特有の設定内容

上記のオプションプラグインによって追加できるフォーム項目ですが、設定項目の用途が通常と異なっていたり、標準では用意されてない設定項目の存在するものがあります。以下ではそれらのフォーム項目について補足します。

日付(ドロップダウン)

日付型フォーム項目の編集

ドロップダウンに表示する「年」はオプションにて指定します。

電子メール(確認用)

電子メール型フォーム項目の編集

「比較する項目のベースネーム」に、「電子メール」のフォーム項目のベースネームを指定します。ここで指定した「電子メール」の項目と、「電子メール(確認用)」に入力された値が、一致しているかどうかをチェックします。合わせて「入力チェック」を有効にしてください。

ファイル

mt-config.cgi に環境変数「ContactFormAllowUploadFile」を指定してください。

項目名 設定例 (既定値) 説明
ContactFormAllowUploadFile なし ファイルを送信を許可するかしないかを設定します。許可する場合は1を指定します。

環境変数 ContactFormAllowUploadFile 1 を設定すると、ContactFormで生成されるフォームのenctype属性の値が、multipart/form-data に自動的に変更されます。

添付ファイル型フォーム項目の編集

「オプション」に、送信可能なファイルの拡張子を指定できます。また、「ファイルサイズ上限」に送信可能なファイルの上限ファイルサイズを指定できます。

※ 環境変数 CGIMaxUpload 以上の値を設定した場合、CGIMaxUpload が上限ファイルサイズになります。

パスワード

パスワード型フォーム項目の編集

「表示数(size)」に、パスワードとして必要な最小文字数を指定できます。合わせて「入力チェック」を有効にしてください。

テキスト(複数フィールド)

テキスト(複数フィールド)型フォーム項目の編集

「オプション」に表示するテキストボックスをカンマ区切りで指定します。上記の例では、フォームの入力画面に都道府県・市町村・建物名のテキストボックスが表示されます。

送信される値は、複数フィールドテキストを結合した文字列になります。


お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。