PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年8月) を追加しました。
[よくあるご質問] PowerSync 1.33 を利用して「今すぐ実行」で同期を行ってもファイル/ディレクトリが同期されない原因はなんですか? を追加しました。

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問 > トラブルシューティング > データベースのテーブルが破損してしまった時はどうなりますか?

データベースのテーブルが破損してしまった時はどうなりますか?

データベースのテーブルが破損している状態ですと PowerCMS が正常に動作いたしません。

目立った問題として下記になります。

  • PowerCMS 管理画面にログインができない
  • run-periodic-tasks スクリプトが終わらない

データベースのテーブル破損と修復は、PowerCMS から行うことができないためデータベースへ接続が必要です。

下記コマンドに付きましては、データベースのテーブルに問題が見つかったテーブル名を入れて、データベースのテーブルを修復するコマンドです。

例:


> repair table テーブル名;

データベースの破損のチェック方法や repair で修復できなかった場合の別の対応方法なども下記ページで掲載しております。

  
更新日
2021年12月28日

この質問の関連カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。