PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] Copy2Public / PowerSync で「日時指定」を選択して同期が行えない原因は何ですか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2024年1月) を追加しました。
[新着情報] PHP 8.1 に対応した PowerCMS 5.26 / 4.56 の提供を開始 を追加しました。

よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問 > 動作環境 > PowerCMS のインストールに必要な HDD の容量を教…

PowerCMS のインストールに必要な HDD の容量を教えてください。

インストールに限定すれば、100MB あれば十分ですが、下記のようにコンテンツや運用期間、利用機能の設定によって必要な容量が異なりますので、利用される条件に合わせてご検討ください。

PowerCMS は、コンテンツの運用や利用する機能によって、様々なファイルを生成します。

  • リビジョン機能について、PowerCMSではファイルとして保持する仕様となります。
    具体的にはエントリ情報を記録するdata.xmlと、エントリに関連付けられたアイテムの実ファイルを保持します。
    保存する世代数を大きく設定すると、各記事に対してリビジョンファイルを持ちますので注意が必要です。
  • 動的生成機能を利用する場合は、キャッシュファイルが生成されます。
  • ファイルの操作などで一時フォルダを利用しますが、こちらも継続利用すると増えていく傾向にあります。
  
更新日
2013年6月6日

この質問の関連カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。