PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[新着情報] アルファサードの冬期休業について を追加しました。
[よくあるご質問] フォーム投稿の自動返信メールに連番の受付番号を付与することはできますか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年10月) を追加しました。

PowerCMSFilesDir

PowerCMSFilesDir

PowerCMS がファイルを保存するディレクトリを指定します。キャッシュ、リビジョンのバックアップデータ、送信予約されたメールマガジン等が保存されます。mt-config.cgi で絶対パスで指定して、mt.cgi(及び .mtview.php)から書き込み可能なパーミッションを設定してください。

この環境変数に初期値はありませんが、指定がない場合、PowerCMS のアプリケーションディレクトリ (mt.cgi や mt-config.cgi が設置されているディレクトリ) 直下の powercms_files が利用されます。
例えば PowerCMS のアプリケーションディレクトリが /var/www/cgi-bin/mt の場合、PowerCMSFilesDir が未設定の場合のパスは /var/www/cgi-bin/mt/powercms_files です。

使い方

PowerCMSFilesDir /var/www/mt-data/pcms_files

初期設定値

この環境変数に初期設定値はありません。