PowerCMS™

サイト内検索結果

ホーム > サイト内検索結果

「カスタムフィールド」で検索した結果

「カスタムフィールド」の検索結果:334件中61〜80件目を表示しています。

カスタムフィールドの種類

PowerCMSの機能

標準のカスタムフィールド テキスト ...

カスタムフィールドを使ってフォームを出力する

PowerCMS マニュアル

カスタムフィールドの作成 カスタムフィールドの種類に「フォーム」が追加されていま...

カスタムフィールドを使ってフォームを出力する

PowerCMS 5 マニュアル

カスタムフィールドの作成 カスタムフィールドの種類に「フォーム」が追加されていま...

スニペットフィールドを使ってリンク入力欄(複数)を作成する

PowerCMS ブログ

スニペットフィールドを使って記事編集画面に JavaScript によって入力欄の増減も可能なリンク入力欄を作成する手順です。 サンプルコードも記載していますので、ぜひご参考にしてください。

開発者だけが知っている PowerCMS の隠し機能 その1 〜インポート CSV の作成を楽にする相対指定〜

PowerCMS ブログ

インポート CSV の作成を省力化するための相対指定について紹介しています。

PowerCMS 5 で強化された多言語対応

PowerCMS ブログ

PowerCMS 5 では、多言語サイトを運用しやすくするためにカスタムフィールドの「名前」欄と「説明」欄を翻訳するプラグインを同梱しています

PowerCMSのインポート/エクスポートCSVのフォーマット

PowerCMS ブログ

ブログ記事以外にもウェブページ、カテゴリ、ブログ、ユーザー、カスタムオブジェクト、カスタムフィールド、アイテムといったオブジェクトのインポート/エクスポートが可能になりました。 インポート/エクスポートCSVのフォーマット項目名の解説です。

CustomObjectFieldScope

環境変数リファレンス

カスタムフィールドでカスタムオブジェクトの関連づけダイアログを表示する際のスコープを指定します。

エンタープライズ検索で記事ごとに検索対象から除外する方法

PowerCMS ブログ

PowerCMS のエンタープライズ検索 (PowerSearch プラグイン) について、特定の記事を検索対象から除外、そもそも検索させない方法を紹介します。

カスタムフィールドのテンプレートタグとベースネームの命名規則、どうしてますか?

PowerCMS ブログ

カスタムフィールド作成時のベースネームやテンプレートタグ名の設定例について紹介しています。

MTSearchEntryField

テンプレートタグリファレンス

カスタムフィールドを field モディファイアで指定して query モディファイアで指定した値で検索します。

PowerCMS 5.20 での変更点まとめ

PowerCMS ブログ

1月31日に提供を開始しました PowerCMS 5.20 の変更点(スタイル調整、パーマリンク表示、ワークフロー機能、インポート機能など)をまとめてご紹介しています。

記事更新担当者向けのカスタムダッシュボードをつくる

PowerCMS ブログ

PowerCMS 4の新機能、カスタムダッシュボード機能を使って記事を更新するだ...

スニペット・カスタムフィールドでアイテム選択ダイアログを使用する

PowerCMS ブログ

PowerCMS のスニペットフィールドで、ファイル選択・アップロード欄の代わりにモーダルダイアログからアイテムを作成・選択する欄の実装方法を紹介します。

カスタムフォーム機能のテンプレートを管理画面のみで編集・管理する方法

PowerCMS ブログ

カスタムフォーム機能 (Contact Form アドオン) で作成するフォームのデザイン変更を管理画面だけで完結するための手法をご紹介します

ソーシャルサービスのボタン表示を制御する

PowerCMS ブログ

Facebookのいいね!ボタンに代表されるソーシャル系サービスとの連携ボタンを...

Movable Typeのカスタムフィールドの構造を読み解く (AND/OR 検索の実装)

PowerCMS ブログ

mt_entry(記事/ウェブページ)なら mt_entry_meta、mt_category(カテゴリ/フォルダ)なら mt_category_meta テーブルが作成され、そこに1フィールドの値が1レコードとして保存されています。 残念ながらこの検索ではソート条件にカスタムフィールドを指定することはできません(標準カラムをソート条件に指定する場合は$whereOrderByに追加、limit/offsetを指定するには $extras に指定します)。 異なるフィールドのデータが metaテーブルの同一のカラムに格納されている仕様上、一つのクエリで AND検索やソート条件にカスタムフィールドを指定することはできません(サブクエリや複雑なJOIN条件を組み立てればできるかもしれません。 そこで、一つのやり方として、OR検索の結果をループ処理してすべての条件に合致する記事のIDを抽出し、その値で記事を絞り込む方法について考えてみます。 この後、$results をループ処理して、すべての条件にマッチしているか(AND検索)をチェックします(※ このループを工夫することでさらに複雑な AND OR の条件指定やソート順などを指定することもできます)。

新しくなったメールマガジンプラグインについて

PowerCMS ブログ

ステータス「今すぐ実行」を指定した時、環境変数「MMRealtimeDeliverLimit(初期値50)」よりも配信対象メールアドレス数が少ない(未満)場合、メールマガジンの保存時にリアルタイムにメールが配信されます。 アドレス帳に登録された「名前」もしくは、MTのユーザー(会員、メンバー)の表示名、もしはコメントの投稿者名が出力されます(配信対象欄のメールアドレスをどのオブジェクトから取得したかによって名前の取得元が変わります)。 URLパラメタ指定のある場合はモディファイア指定や記事IDの指定などよりもURLパラメタ指定の値が優先されます(例えば記事のコンテキストでは「entryId = '1';」形式で記事IDが出力されますが、entryIdパラメタが付与された場合はそちらが優先されます)。 パラメタ mmId はメールマガジンのID、パラメタ Id はメールアドレスを識別するための値ですが(MTMailMagazineUserTokenの出力値)、一度 DataAPI のエンドポイントにアクセスするとこれらの値はクッキーに保存され、パラメタのない場合はクッキーから取得しますので、メールマガジンからの遷移の場合以外に動的にパラメタを付与する必要はありません。 購読登録Webアプリで、クッキーに保存されている暗号化済のメールアドレスから復号化した値をフォームのメールアドレス欄にセットする場合、1を指定します(初期値 0)。

PowerCMS for MT 活用セミナー

PowerCMS

Pow 張フィールドとテンプレートセレクタ カスタムフィールド と拡張フィールド • カスタムフィール ...

インポート/エクスポート

PowerCMS 5 マニュアル

ImportExportObject プラグインの機能により、ユーザー/記事/ウ...

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。