PowerCMS™

【東京セミナー】6月6日(木) 企業Webリニューアル。最初に押えたい要件定義の進め方と、最新CMSで出来ること

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > ソーシャルサービスのボタン表示を制御する

2015年07月09日

ソーシャルサービスのボタン表示を制御する

Facebookのいいね!ボタンに代表されるソーシャル系サービスとの連携ボタンをサイトに配置することは、もはや常識といった感があります。マーケティングを行う上でも重要なツールと言えるでしょう。 そんなソーシャルボタンを記事ごとに表示・非表示を切り替えたいとのご要望がお客様より寄せられました。さらにFacebookは表示するがGoogleは表示しないなど、細かい制御を行いたいとのことでした。

記事ごとにボタンの表示が変わる

PowerCMSで実現可能か?

もちろん可能です。正確に言えばPowerCMSではなくMTの機能になりますが、MTあってのPowerCMSですのでこのブログで実装方法をご紹介したいと思います。 方法としては、カスタムフィールドとテンプレートタグのIF機能を利用します。

カスタムフィールドの設定

カスタムフィールドでそれぞれのボタンの表示・非表示を決めるチェックボックスを用意します。

カスタムフィールド作成画面

テンプレートタグの設定

先に作ったカスタムフィールドの値によってボタンを表示するかしないかの制御をテンプレートタグで行います。


<mt:If tag="ShareButtonGoogle">
  [googleボタンを配置]
</mt:If>
<mt:If tag="ShareButtonFacebook">
  [facebookボタンを配置]
</mt:If>
<mt:If tag="ShareButtonTwitter">
  [twitterボタンを配置]
</mt:If>

ボタンのコード内で記事のURLが必要な場合は、<$MTEntryPermalink$>タグで取得できます。

以上の内容で、記事入力時にチェックを入れたボタンだけが表示されます。 カスタムフィールドは非常に強力な機能で、アイデア次第で様々なことが実現可能です。是非参考にして頂ければと思います。

参考情報

SNSのシェアボタンの設置方法まとめ (サンプルコード付き)

デジタルマーケティングを始めよう! | digital-marketing.builders


カテゴリー
サイト制作全般
サポート
テンプレート作成Tips
技術情報
設定・管理画面カスタマイズ

Recent Entries