PowerCMS™

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMSのインポート/エクスポートCSVのフォーマット

2012年10月01日

PowerCMSのインポート/エクスポートCSVのフォーマット

PowerCMS 3ではブログ記事以外にもウェブページ、カテゴリ、ブログ、ユーザー、カスタムオブジェクト、カスタムフィールド、アイテムといったオブジェクトのインポート/エクスポートが可能になりました。インポート/エクスポートを行うには「ツール」メニューから「インポート/エクスポート」を選択します。ブログ/ウェブサイト管理者の権限が必要です(ユーザについてはシステム管理者権限が必要)。CSVのフォーマットについては管理画面から一度エクスポートすることで書式を確認できますが、1行目の指定についてこのエントリで改めてご紹介します。以下は「ブログ記事」オブジェクトのCSVの1行目についての解説です。

インポート/エクスポート画面
idブログ記事のIDです。この値を指定すると、IDが重複する既存のブログ記事があった場合、上書きされます。
author_id記事の作成者(ユーザー)のIDです。
authored_on記事の公開日です。タイムスタンプ(YYYYMMDDhhmmss)形式で入力してください。省略するとインポート時点のタイムスタンプとなります。
basenameベースネームの値です。
blog_idブログのIDです。
statusブログ記事のステータスです。この項目は必須です。下書き=1、公開=2、日時指定=4、承認待ち=3、テンプレート(雛形)=7のいずれかの数値です。
titleブログ記事のタイトルです。
text本文欄の値です。
text_more続き欄の値です。
excerpt概要欄の値です。
keywordsキーワード欄の値です。
owner_idワークフローを利用することで author_id が変わっていきますが、このカラムに作成者のIDを指定することで元の作成者を設定できます。
approver_idsワークフローを回していく段階で、作成者、承認者のIDが,(カンマ)区切りで入ります。このデータは承認、公開時のメール通知の際に使われます。
unpublished1を指定すると「指定日非公開」のチェックが入った状態となります。
unpublished_on指定日非公開の日付です。タイムスタンプ(YYYYMMDDhhmmss)形式で入力してください。
template_module_idテンプレート・セレクタ(雛形から作成)する際のエントリーテンプレートのIDです。
prefs「表示オプション」で表示される状態のフィールド名がカンマ区切りで指定できます(PowerCMSではブログ記事/ウェブページ毎に表示オプションが保存されます)
(例:"title,text,customfield_entryquestion,
customfield_entryanswer,tags,
customfield_entrycompany,
category,feedback,assets")。
メタデータ
tagsタグを指定します。,(カンマ)で区切ることで複数のタグを指定できます。
categoryブログ記事のカテゴリ。カテゴリの階層は _(アンダースコア)で繋ぐことができます。複数カテゴリの指定は,(カンマ)で区切ってしていします。これらの設定は mt-config.cgiの ImportExportCategorySeparator(階層) ImportExportCategoryDelim(複数の区切り) 環境変数で変更することができます。
カスタムフィールドfield.カスタムフィールドのベースネームを指定することでカスタムフィールド値の登録が可能です。

カスタムフィールドのデータについて

関連付けカスタムフィールドの値

オブジェクトの値が数字で入ります。複数指定の場合、カンマ区切りで入力します。この時、前後にカンマが必要です(例:",1,2,")。グループの場合、グループのIDが入ります。

スニペットカスタムフィールドの値
name 属性と値は「: (コロン)」てで区切り、name 属性と値のセットは「; (セミコロン)」で区切ります(例:スニペットフィールド hoge の foo に1 を、bar に2 を設定する場合"foo:1;bar:2")。コロン(ImportExportSnippetSeparator)とセミコロン(ImportExportSnippetDelimiter)の区切り文字については環境変数の指定によって変更可能です。

アイテム(画像等)カスタムフィールドの値

フォームタグが入ります。(例:

<form mt:asset-id="XX"
class="mt-enclosure mt-enclosure-image" style="display: inline;"><a
href="http://example.com/path/to/image/image.jpg">表示
</a></form>")

旧バージョンのCSVインポート機能はオプションプラグインCMSImporterをインストールすることで利用可能になります。旧バージョンのインポートCSV書式は下記のエントリで紹介しています。


カテゴリー
PowerCMS 3
サポート

Recent Entries