PowerCMS™

SearchNoOverride

SearchNoOverride

カンマ区切りで、検索テンプレートやユーザーによる検索用パラメーターの上書きを禁止する設定ディレクティブを指定できます。これは、MTの検索エンジンに、mt-config.cgiの指定値のみ許可したいときに設定します。

初期状態のMTの検索機能では、ほとんどの検索用パラメーターが検索テンプレートで上書きできる仕様になっています。逆に言うと、ユーザーは検索時のクエリーの値で、検索結果をコントロールできる状態になっています。これは便利ですが、ときに危険を伴います。

例えば、あなたが一般公開したくないプライベートなブログを作っている場合、検索テンプレートに「IncludeBlogs」や「ExcludeBlogs」で、検索結果に表示しないようにできます。しかし、そのような設定を行なっていたとしても、検索結果に表示するblog_idを強制的に指定することで、本来公開したくないブログの記事を、検索結果に表示させることができてしまいます。

NoOverrideで、上書き禁止のパラメーターを指定すると、検索テンプレートや検索用パラメーターから、設定値の上書きができなくなります。

PowerCMS 1.5 以前のバージョンでは、NoOverride を使用してください。

使い方

SearchNoOverride SearchMaxResults,IncludeBlogs,ExcludeBlogs

初期設定値

この環境変数に初期設定値はありません。