PowerCMS™

【東京:5月29日、6月5日 | 大阪:6月5日】PowerCMS 5 新機能紹介セミナー開催

サイト内検索結果

ホーム > サイト内検索結果

「カスタムフィールド」で検索した結果

「カスタムフィールド」の検索結果:140件中1〜20件目を表示しています。

スニペット・カスタムフィールドカスタムフィールドをタブグループにまとめる

PowerCMS ブログ

PowerCMS に同梱されているスニペットフィールドを使うと、任意の UI で...

PowerCMS 4.1 で対応した DataAPI 関連機能について

PowerCMS ブログ

先日リリースした PowerCMS 4.1 は、いくつかのオブジェクトで Dat...

WordPressの記事をMovable Type(PowerCMS)にインポートする(カスタムフィールド対応)

PowerCMS ブログ

WXRImporter は Movable Type の機能(プラグイン)として提供されています。このプラグインでWordPressのカスタムフィールドも取り込めるか試してみました。

管理画面を自由に設計-カスタムオブジェクト(1)

PowerCMS ブログ

今月末リリース予定のPower CMS for MT 2.03にはいくつかの新機...

管理画面を自由に設計-カスタムオブジェクト(2)

PowerCMS ブログ

管理画面を自由に設計でき、Movable Type (Power CMS for...

カスタムフィールドの値で記事を絞り込む方法はありますか?

よくあるご質問

下記の MT タグにモディファイアを指定する事で、カスタムフィールドの値で記事を...

MTSearchCustomObjectField

テンプレートタグリファレンス

カスタムフィールドの値でカスタムオブジェクトを検索します。

スニペットフィールドとカスタムオブジェクトによる入力欄セット追加UIのご紹介

PowerCMS ブログ

PowerCMSの記事編集画面でユーザーが予め決められた入力欄のセットを自分で追加しながらコンテンツを制作できるインターフェイスをご紹介

プログラミング不要、CustomObject(カスタム項目)で位置情報(Geocoding)APIを実装する

PowerCMS ブログ

PowerCMSのカスタムオブジェクトを活用すると、プログラミングなしで位置情報(Geocoding)APIを実装することが可能です。

アーカイブの出力を制御する(特定条件のアーカイブを出力したくない)

PowerCMS ブログ

アーカイブの出力を制御する(特定条件のアーカイブを出力したくない)プラグインをご紹介します。

PowerCMSカスタマイズ事例「検索サジェスト機能」

PowerCMS ブログ

PowerCMS は豊富な機能を提供していますが、お客様のご利用シーンによっては足りない機能があります。弊社では製品の仕様と回答せず、カスタマイズの対応でご希望にお応えできると伝えています。

カスタムフィールド Pro

PowerCMSの機能

カスタムフィールドを大幅に強化。MT タグと HTML さえわかれば、出力ページにあわせた投稿画面をノンプログラミングで作成可能です。お客様の運用や出力されるページのレイアウトに合わせ管理画面をカスタマイズできます。

カスタムフィールドで指定したグループ名を出力

PowerCMS ブログ

カスタムフィールドで指定したグループ名を出力する方法はありますか?”というご質...

カスタムオブジェクトと画面レイアウト

PowerCMSの機能

PowerCMS のカスタムオブジェクトは、管理画面を自由にカスタマイズ。担当者の使いづらさを解消します。

PowerCMS 3 (設計フリーなオブジェクト指向CMS) -1

PowerCMS ブログ

2度目のPower CMS for MT ver.3 の製品発表セミナーが6月9...

投稿画面カスタマイズ

PowerCMSの機能

設計も構築も、楽しくなる。ユーザー指向の管理画面を直感的に作成。大幅に機能強化したカスタムフィールド Pro、テンプレートセレクタにより複数の投稿画面パターンを登録できます。

Movable Typeのカスタムフィールドの構造を読み解く (AND/OR 検索の実装)

PowerCMS ブログ

mt_entry(記事/ウェブページ)なら mt_entry_meta、mt_category(カテゴリ/フォルダ)なら mt_category_meta テーブルが作成され、そこに1フィールドの値が1レコードとして保存されています。 残念ながらこの検索ではソート条件にカスタムフィールドを指定することはできません(標準カラムをソート条件に指定する場合は$whereOrderByに追加、limit/offsetを指定するには $extras に指定します)。 異なるフィールドのデータが metaテーブルの同一のカラムに格納されている仕様上、一つのクエリで AND検索やソート条件にカスタムフィールドを指定することはできません(サブクエリや複雑なJOIN条件を組み立てればできるかもしれません。 そこで、一つのやり方として、OR検索の結果をループ処理してすべての条件に合致する記事のIDを抽出し、その値で記事を絞り込む方法について考えてみます。 この後、$results をループ処理して、すべての条件にマッチしているか(AND検索)をチェックします(※ このループを工夫することでさらに複雑な AND OR の条件指定やソート順などを指定することもできます)。

スニペット・カスタムフィールドでアイテム選択ダイアログを使用する

PowerCMS ブログ

PowerCMS のカスタムフィールドProで追加されるスニペット・カスタムフィ...

カスタムフィールドの種類

PowerCMSの機能

Movable Type 標準のカスタムフィールド ...

PowerCMSのインポート/エクスポートCSVのフォーマット

PowerCMS ブログ

PowerCMS 3ではブログ記事以外にもウェブページ、カテゴリ、ブログ、ユーザ...

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。