PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[新着情報] PowerCMS 5.21 / 4.51 の提供を開始 を追加しました。
[新着情報] アルファサードの夏期休業について を追加しました。
[よくあるご質問] ページ分割に似た名前のファイルが削除される原因はなんですか? を追加しました。
ホーム > PowerCMS > ドキュメント > スタンダード版 > オプションプラグイン >

アイテムの公開状態を制御

アドオン・プラグイン

管理画面からファイルをアップロードする際に、ステータス「公開」「下書き」を選んでアップロードを行うことで、アイテムの公開状態を指定することができます。

「公開」を選んだ場合は従来通りファイルはアップロードされ、「下書き」を選んだ場合はアップロードされたファイルのファイル名の先頭に「.」が付与されます。合わせて、公開サーバー側の .htaccess やサーバー設定により「.」から始まるファイルを非公開設定することで、ファイルが意図せず公開される事を防止します。

Copy2Public プラグインを使用している場合は、ファイル名の先頭に「.」があるファイルはコピー対象にならないため、公開サーバーへの公開操作を行なってもコピーされません。

また、記事/ウェブページの公開状態と同期してアイテムの公開状態を制御することも可能です。具体的には、記事/ウェブページが公開になった際にアイテムを公開にし、記事/ウェブページが非公開になった際に、アイテムも非公開にすることができます。

DynamicMTML を利用することで、ログイン状態であれば、「下書き」状態のアイテムを CMS の管理画面を介せず直接閲覧することも可能です。

環境変数

設定項目 解説 初期値
AssetStatusRequiresLogin ログインしている人だけ非公開のファイルが見える 1
AssetStatusDenyFiles ログインしている人もこれらのファイルは見られない .htaccess,.htpassword,.mtview.php
AssetStatusSyncStatus オブジェクトの関連アイテムについて、オブジェクトのステータスと同期する 1
AssetStatusSyncObjects ステータスを同期する対象のオブジェクト entry,page,campaign
AssetStatusDefaultStatus アイテムをアップロードする際のデフォルトのステータス 2
AssetStatusSyncObjectsIfPublished 公開時のみ同期する 0
AssetStatusShowTagField アイテムをアップロードする際にタグの入力画面を表示する 0
AssetStatusUnpublishIfNoOtherPublished 1 を指定すると、アイテムがひも付けられたオブジェクトの非公開時に、他オブジェクトが公開状態である場合はアイテムを非公開化しなくなります。 0

アイテムの挿入と編集

画像の挿入ダイアログに「ステータス」という項目が追加されます。ここで初期に選択されている値は、環境変数 AssetStatusDefaultStatus で設定した値になります。また、環境変数 AssetStatusShowTagField 1 を設定することで、「タグ」の入力欄が追加されます。

アイテムのアップロードダイアログ

一度アップロードしたファイルはアイテムの編集より、任意のタイミングで「ステータス」を変更できます。また、DynamicMTML の利用できない環境下でも「下書き」状態の画像を確認することができます。

アイテム編集画面でステータスを選択できる

アイテム一覧の拡張

表示オプションに「ステータス」列、フィルタに「下書きのアイテム」と「公開されているアイテム」が追加されます。また、アクションに「公開取り消し」のプラグインアクションが追加されます。

アイテム一覧画面のプラグインを追加

DynamicMTML 設定

DynamicMTML を利用することで、下書き状態の画像等にアクセスしても、ログイン状態であれば、直接表示ができるようになります。

DynamicMTML は標準で「.html」, 「.mtml」以外の拡張子は DynamicMTML の処理の対象にならないため、「ビルドする拡張子」に必要な拡張子を入力しておく必要があります。加えて、環境変数 CookiePath が設定されていない場合は、下記の記述を追加してください。

CookiePath /

ダイナミックパブリッシング設定

プラグインの利用をやめる場合の注意点

AssetStatus プラグインを削除あるいは無効化される場合、先にアイテムのステータスを公開へ変更してください。

AssetStatus プラグインを削除あるいは無効化されたあとはアイテムのステータスの設定ができなくなるため、アイテムのステータスを「下書き」から「公開」へ変更することもできなくなります。

インストール

  1. PowerCMS のパッケージ中の AssetStatus ディレクトリをサーバーへアップロード、PowerCMS のプラグインディレクトリへ設置する

    PowerCMS パッケージ内のパス

    • options/plugins/AssetStatus

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。