PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] リッチテキストエディタを使用した際の HTML の記述が XHTML の記述に変換されるのはなぜですか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。

ThrottleSeconds

ThrottleSeconds

PowerCMS は IP ベースのコメント帯域制御の設定を使い、コメントを溢れさせる攻撃 (1つのブログ記事に多量のコメントを送り付けること) に対処しています。ThrottleSeconds はサイトの閲覧者がコメントを投稿した後に、再投稿できない時間を秒数で指定します。 たとえばサイト利用者がある時刻にコメントを投稿したと仮定します。するとサイト利用者は、その時刻からこの設定に指定されている秒数の間、同じウェブサイト(ブログ)へ、同じ IP アドレスから別のコメントを投稿することができなくなります。

なお、トラックバックでは、一定時間内にトラックバックを受け付けない設定として使われます。トラックバックのチェックでは、IP アドレスを参照しません。

使い方

ThrottleSeconds 20

初期設定値

20