PowerCMS™

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS 5 のライセンスについて解説します!お得な購入情報や各エディションの機能もご紹介

2019年05月15日

PowerCMS 5 のライセンスについて解説します!お得な購入情報や各エディションの機能もご紹介

ライセンスについて分かりやすくお伝えします。主に PowerCMS 5 のサーバーインストール版でご説明します。表示価格は全て税抜です。

PowerCMS 5 はサーバーインストール版とクラウド版の2種類あります

サーバーインストール版

お客さま側でサーバーを用意していただいて、PowerCMS をインストールするタイプです。オンプレ版と呼んだりもします。

メリット
  • サーバーはお客さまで準備していただくので、サーバーのスペックやセキュリティ設定など自由にできます。
デメリット
  • PowerCMS のインストール作業が必要になります。
  • サーバー側のトラブルにアルファサードは責任を持ちません。

クラウド版

弊社で PowerCMS が動作するサーバーを用意します。

メリット
  • PowerCMS をすぐに利用できます。
  • バージョンアップ作業もアルファサードが行います(クラウド利用料金に含む)。
  • サーバー側のトラブルも対応します。
デメリット
  • サーバーのスペック変更は基本的にできません(個別案件として例外はあります)。
  • お客さま側で準備される独自のプログラムは動作保証をしません。
  • SSHは利用できません(SFTPはコンテンツのディレクトリのみ利用可能です)。

PowerCMS 5 は4つのエディションがあります

PowerCMSサーバーインストール版は4つのエディションがあります。クラウド版は3つです。

参考:PowerCMS 5 製品ラインナップ PowerCMSクラウド 利用プラン

スタンダード 30万円

※スタンダードはサーバーインストール版のみ

ユーザー数

5名までの利用制限があります。ユーザー数とは PowerCMS にサインインできる人数です。

ユーザーアカウントを使い回せば 5名でも大丈夫?と思われがちですがライセンス違反になります。PowerCMS を利用される際は利用者ごとにユーザーアカウントを作成してください。6名以上が利用される場合は上位のプロフェッショナル版をご検討くださいませ。PowerCMS は「誰がいつ何の操作をしたか?」という情報が システムログに残りますので、「重要な記事が急に消えた!」といった時に誰が担当したかを確認できます。

プロフェッショナル 60万円

スタンダードでは利用できない以下の機能がプロフェッショナルに追加されます。特にステージングサーバー連携機能がご好評をいただいています。

ユーザー数

PowerCMS にサインインできるユーザー数に制限はありません。

会員専用サイト

構築したサイト上で会員機能が利用できます。機能は、ユーザー登録、ログイン、マイページで登録情報の変更、退会、パスワード再設定です。会員ログインしたユーザーにだけ特別なページを見せることもできます。

メール配信

PowerCMS からメールマガジンを配信する機能です。メールアドレスのリストがあれば PowerCMS に登録してメールを一斉配信します。会員専用サイトで会員登録していただいた方に対してメルマガ配信することもできます。

ステージングサーバー連携機能

PowerCMS で作成したHTML/CSSデータなどをステージングサーバー、公開サーバーへSFTP/FTPでデータを同期(アップロードと削除)する機能です。公開サーバーにデータを同期させるのは何かと気を使いますので、その前にステージング領域を作成して、そこで同期テスト・確認をしてから公開サーバーへ同期することができます。

エンタープライズ 90万円

エンタープライズは以下の機能が追加されます。

エンタープライズ・サーチ

複雑な条件で検索できる機能です。例えば不動産サイトなら、地域、価格、最寄り駅、間取りなどを記事データに登録しておけば検索が実行できます。書籍でしたら、著者、本のタイトル、発行年、ジャンルなどから検索ができますし、多店舗展開しているサイトなら、地域、営業時間、沿線、喫煙可・不可、子供OKなどで店舗検索できます。

HTML インポート(自動リニューアル)

既存サイトのHTMLデータがあれば、PowerCMS の記事/ウェブページに自動でインポートができます。例えば既存のHTMLの <title> と </title> の間を PowerCMS 記事のタイトル欄に、<body> と </body> の間を記事本文欄に自動で登録ができます。<body> ではなくても何か目印があれば大丈夫です( <div class="content"> などでもOK )。フォルダの階層も維持してインポートができます。

レコメンド機能

会員専用サイト機能でログインしたユーザーに対して、オススメ記事を表示できます。ユーザーごとにオススメ記事の表示を変更できますので、サイト訪問者への訴求効果は高いです。

アドバンスト 180万円

アドバンストは以下の機能が追加されます。大規模案件、別システムとの連動などで利用されます。

マルチサーバーインストール

エンタープライズまでは 1サーバー 1ライセンス必要ですが、アドバンストは 1ライセンスあれば複数台サーバーへのインストールが可能です。無制限にインストールできるように思われてしまいますが、1企業が複数の事業を展開している場合に限ります。

例えば、◯◯株式会社が不動産事業や食品事業など複数の事業を扱っていて、それぞれが別のサーバー、別のドメインで運用している場合は1ライセンスで大丈夫です。親会社が購入して子会社の分もサイト作成のためにインストールすることはNGです。また、他社や個人へのブログ・CMSサービスの提供やホスティング事業での利用は認められていません。詳しくはお問い合わせください。

PowerCMS ユーザーのグループ機能

エンタープライズまでは PowerCMS ユーザーのグループ概念がありません。アドバンストではユーザーにグループを割り当てることができますので、例えば営業部(グループ)の◯◯さん(ユーザー)という設定ができます。ただし、グループは1段階になりますので、「◯◯事業部」の「◯◯部」の「◯◯さん」という設定はできません。

電話サポート

エンタープライズまではメールサポートですが、アドバンストは電話サポートが付いています。

Oracle / MS SQL サーバ対応

エンタープライズまでは MySQL、MariaDB のデータベースを対象にしていますが、利用できるデータベースが増えます。

LDAP 連携

PowerCMS ユーザーの情報を別のシステムで管理して、LDAP により連携ができます。

その他のライセンスについて

開発用ライセンス

開発用ライセンスは製品ライセンスの 20%で提供しています。開発用ライセンスは実際のサイト運用を目的とせず、機能開発などをテストする目的の場合にご利用ください。

  • スタンダード(開発) 60,000円(定価 300,000円)
  • プロフェッショナル(開発) 120,000円(定価 600,000円)
  • エンタープライズ(開発) 90,000円(定価 900,000円)
  • アドバンスト(開発) 0円(定価 1,800,000円)

エンタープライズは追加サーバーライセンスが利用できるので、この場合は20%の価格ではなく 9万円で提供できます。アドバンストは何台インストールしても問題なく、開発サーバーも対象となるため 0円です。

アカデミックライセンス

高校や大学のサイトでご利用される場合に通常ライセンスの 60%で提供しています。アドバンストだけ80%です。

  • スタンダード(アカデミック) 180,000円(定価 300,000円)
  • プロフェッショナル(アカデミック) 360,000円(定価 600,000円)
  • エンタープライズ(アカデミック) 540,000円(定価 900,000円)
  • アドバンスト(アカデミック) 1,440,000円(定価 1,800,000円)

アカデミックライセンスは教育機関に適用されます。官公庁、地方自治体、団体、協会などのサイトは適用されません。

サポートライセンス

最新のセキュリティパッチの提供や PowerCMS サポートへの問い合わせに加入をオススメしています。メジャーアップグレードのデータも提供します( PowerCMS のバージョンが5から6にアップされた時もサポートに加入していれば製品を買い直す必要はありません)。通常ライセンスの20%で提供しています。加入は任意です。途中から加入したい場合は、未加入期間のサポート費用もお支払いいただくことになります。

参考: 製品サポートについて

  • スタンダード 60,000円
  • プロフェッショナル 120,000円
  • エンタープライズ 180,000円
  • エンタープライズ 追加サーバライセンス 18,000円
  • アドバンスト 360,000円

アカデミックサポートライセンス

アカデミック製品ライセンスの 20%で提供しています。

  • スタンダード(アカデミック) 36,000円
  • プロフェッショナル(アカデミック) 72,000円
  • エンタープライズ(アカデミック) 108,000円
  • エンタープライズ 追加サーバライセンス(アカデミック) 10,800円
  • アドバンスト(アカデミック) 288,000円

※PowerCMS クラウドをご利用いただく場合は、サポートライセンスの費用は不要です(クラウド利用料金に含む)。

ライセンスのお得情報

サーバー複数台構成ならエンタープライズの追加サーバーライセンスがお得です!

CMSサーバーと公開サーバを分けた構成の場合、プロフェッショナルは 2台分のライセンスとして、60万円 + 60万円 = 120万円が必要になりますが、エンタープライズだと追加サーバーライセンスが利用できるので、90万円 + 9万円(追加サーバーライセンス x 1)= 99万円でご提供ができます。以降、1サーバー増える毎に 9万円の追加ライセンスで対応できます。

エディション変更は買い直さないで大丈夫です!

スタンダードからプロフェッショナルにエディション変更したい場合は、製品の差額に 1.2 を掛けた金額でご提供しています。

  • スタンダード ⇒ プロフェッショナル 360,000円
  • スタンダード ⇒ エンタープライズ 720,000円
  • スタンダード ⇒ アドバンスト 1,800,000円
  • プロフェッショナル ⇒ エンタープライズ 360,000円
  • プロフェッショナル ⇒ アドバンスト 1,440,000円
  • エンタープライズ ⇒ アドバンスト 1,080,000円

スタンダードからアドバンストに変更する場合はアドバンストライセンスの定価180万円と同じになりますので、この場合は新規購入をしてください。

代理店さまの提供価格があります

制作会社さまがクライアントのウェブサイトを構築するケースは多々あると思います。その時に PowerCMS を代わりに購入される場合は代理販売となりますので、特別な価格でご提供しています。代理販売の審査やノルマは一切ございません。ご提供価格についてはお問い合わせフォームからご連絡ください。ただし、開発用ライセンスだけ割引の対象外になります。
注意点としては、サポートを受けられるのは代理店さまになり、ご連絡窓口を一本化していただくことになります。エンドユーザーから直接のサポートは行いません。

パートナーさまには更に特別な提供価格があります

弊社とパートナー契約を結びますと、代理店さまの提供価格よりも更にオトクなパートナー価格を用意しています。パートナー契約は初年度 100,000円、次年度以降 50,000円が必要です。代理購入される場合にはかなりお求めやすい価格でご提供ができますのでパートナーの加入をご検討ください。こちらもノルマは一切ございません。また、開発用ライセンスの割引とサポートの考えは代理店さまの内容と同じになります。

参考:パートナー制度とは

長くなりましたが、ライセンスについて以上になります。
よくあるご質問」の「価格とライセンス」ページも合わせてご確認ください。
ご不明点ございましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。

よろしくお願いします。


カテゴリー
PowerCMS 5
PowerCMSクラウド
サポート
投稿者
さとうせい

Recent Entries