PowerCMS™

【東京セミナー】6月6日(木) 企業Webリニューアル。最初に押えたい要件定義の進め方と、最新CMSで出来ること

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS 5 の開発・メンテナンスは今後も精力的に行われます

2019年03月01日

PowerCMS 5 の開発・メンテナンスは今後も精力的に行われます

アルファサード株式会社は、昨年11月27日に全く新しい CMS である PowerCMS X をリリースしました。すでにデモ環境や試用版でそのポテンシャルに触れた方も多いと思います。まだの方は、下記の記事もご参照ください。

▼ PowerCMS 30日間無料試用版 のご紹介
https://www.powercms.jp/blog/2019/02/powercms-freetrial.html

PowerCMS X は、全くゼロベースで設計・実装された新しいCMSで、読み方こそ「パワーシーエムエス テン」ですが、PowerCMS 5 とは異なる製品であり、後継や、上位版のような位置づけではありません。当然、PowerCMS 5 の開発やメンテナンスは今後も精力的に行います。

PHP 7.2 や MariaDB に対応した PowerCMS 5.1 / 4.4

PowerCMS 5 は、昨年末 5.1 をリリースしております。このバージョンでは PHP 7.0 のセキュリティサポートの終了後も不安なくご利用いただけるよう、対応バージョンを PHP 7.2 まで引き上げました。また、ご要望の多かった Perl 5.22 対応、MariaDB での動作検証も行いました。

▼ PHP 7.2 / Perl 5.22 / MariaDB に対応した PowerCMS 5.1 / 4.4 の提供を開始
https://www.powercms.jp/news/powercms_51_44.html

その他、60 を超える修正を行っているのもこのバージョンの大きな特徴で、より安定的に PowerCMS をご利用いただけるようにいたしました。ぜひ PowerCMS 5.1 をご利用ください!


カテゴリー
PowerCMS 5

Recent Entries