PowerCMS™

アルファサード株式会社では、一緒に働く仲間を募集しています。クラウドインフラエンジニア積極採用中!

PowerCMS 最新版 へのアップグレード

ホーム > PowerCMS > ドキュメント > アップグレード > PowerCMS 最新版 へのアップグレード

PowerCMS を最新のバージョンにアップグレードする手順を解説します。

SQLite または PostgreSQL をご利用の場合は、アップグレードの前に MySQL 5.x への移行が必要です。移行手順は『SQLite / PostgreSQL から MySQL への移行』をご参照下さい。

PowerCMS では、上書きアップロードでのアップグレードは推奨していません。ここでは、新規でディレクトリを作成しアップグレードする方法を解説します。

アップグレードを行う前に、アップグレードの注意点をご一読ください。

新しいディレクトリでのアップグレード

  1. 既存環境をバックアップする
  2. 既存のアプリケーション ディレクトリと同じ階層に新規アプリケーション ディレクトリを作成する
    後程変更するため、mt-new などわかりやすい名前で作成してください。
    例: /home/example/cgi-bin/mt-new
    
  3. 手順 2 で作成したディレクトリに解凍後のファイルをアップロードする
  4. 現在のアプリケーション ディレクトリから必要なファイルをコピーする
    アップグレード時に、新しいディレクトリにコピーするファイル』をご参照下さい。
  5. アプリケーション ディレクトリの名前を変更する
  6. 例:
    旧 /home/example/cgi-bin/mt   → /home/example/cgi-bin/mt_backup 
    新 /home/example/cgi-bin/mt-new → /home/example/cgi-bin/mt
    
  7. アプリケーション ディレクトリの mt.cgi にサインインする
    アップグレードウィザード』が実行され、自動でアップグレードが開始されます。

PowerCMS 1.5 および 2 から PowerCMS 4 に直接アップグレードを行った場合は、ブログはすべて自動的にウェブサイトに変換され作成されます。

PowerCMS 3 より前のバージョンからアップグレードした場合には、次に以下の作業をおこなってください。

アップグレード直後は、一部のデータが Data API で取得可能になっています。取得されると困る情報は、DisableResourceField 環境変数で制限しておいた方がよいでしょう。

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。