PowerCMS™

アップグレード時に、新しいディレクトリにコピーするファイル

ホーム > PowerCMS > ドキュメント > アップグレード > アップグレード時に、新しいディレクトリにコピーするファイル

PowerCMS をアップグレードするときに、新しいアプリケーション ディレクトリを作成してアップグレードする場合には、現在の アプリケーション ディレクトリから必要なファイルをコピーする必要があります。通常のインストール環境では、コピーするディレクトリは、以下の通りです。

  • mt-config.cgi
  • 追加したCGI
  • addons/追加したアドオン
  • plugins/追加したプラグイン
  • mt-static/addons/追加したアドオン
  • mt-static/plugins/追加したプラグイン
  • mt-static/support
  • themes/追加したテーマ
  • tools/追加したスクリプト
  • Powercms_files

設定ファイル

既存のPowerCMSの設定は、以下のファイルに書き込まれています。

(MT_HOME)/mt-config.cgi

この設定ファイルを、新しいアプリケーション ディレクトリにコピーします。

プラグイン

既存環境のプラグインを、アップグレード後も引き続き利用するためには、該当するプラグインがアップグレード後のPowerCMSで動作することを事前に確認してください。プラグインの対応状況は、配布元に確認します。各プラグインの説明は、 [ツール][プラグイン] で調べることができます。

プラグインが対応している場合は、既存環境から新しい環境に、プラグインのファイルをコピーします。プラグインは、通常以下の場所にインストールされています。

(MT_HOME)/plugins/追加したプラグイン名
(MT_STATIC)/plugins/追加したプラグイン名

具体例( MY_PLUGIN はプラグイン名 )
  
/home/example/www/mt/plugins/MY_PLUGIN
/home/example/www/mt/mt-static/plugins/MY_PLUGIN

(MT_HOME) は、PowerCMS をインストールしたアプリケーションディレクトリです。(MT_STATIC) は通常のインストール環境では、アプリケーションディレクトリ内の "mt-static" というディレクトリになります。

サポート ディレクトリ

サポート ディレクトリは、PowerCMS が必要なファイルを書き込むディレクトリです。プロフィール画像、作成したテーマ、アクセス解析などのデータが保存されます。これらのファイルを引き継ぐために、既存環境から新しい環境に、以下のディレクトリをコピーします。

(MT_STATIC)/support

例:  
/home/example/www/mt/mt-static/support

これらのディレクトリがアプリケーションディレクトリ外にあるときは、それにあわせて作業してください。

テーマ ディレクトリ

PowerCMS に標準で付属するテーマは、新しいバージョンで内容が変更されることがあるので、既存の環境から、新しい環境にはコピーしないでください。コピーする必要があるのは、追加したテーマのみです。

(MT_HOME)/themes/追加したテーマ

例( MY_THEME はテーマ名 ):

/home/example/www/mt/themes/MY_THEME
お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。