PowerCMS™

MTOtherProfiles

MTOtherProfiles

PowerCMS に登録した利用サービスの一覧を出力するためのブロックタグです。

使い方

<$mt:SetVar name="display_name" value="Melody"$>

<mt:OtherProfiles display_name="$display_name">
    <mt:If name="__first__">
<div class="widget-elsewhere widget">
    <h3 class="widget-header"><$mt:Var name="display_name"$> の利用サービス一覧</a></h3>
    <div class="widget-content">
        <ul>
    </mt:If>
            <li class="service-<$mt:OtherProfileVar name="type"$>"><a href="<$mt:OtherProfileVar name="uri" escape="html"$>"><$mt:OtherProfileVar name="label" escape="html"$></a></li>
    <mt:If name="__last__">
        </ul>
    </div>
</div>
    </mt:If>
</mt:OtherProfiles>

モディファイア

type

出力する利用サービスを特定種類のサービスに限定したい場合に利用します。

  • contact (AIM, Yahoo! Messenger, etc)
  • blog (Vox, Tumblr, the Website service, etc)
  • photos (Flickr, Smugmug, etc)
  • video (Vimeo, YouTube, etc)
  • links (del.icio.us, Digg, etc)
  • status ( Twitter, etc)
  • network (Facebook, MySpace, etc)

contact タイプの利用サービスプロフィールのみを出力したい場合は、次のようにします。

<mt:OtherProfiles type="contact">

また、contact タイプの利用サービス以外のプロフィールを出力したい場合は、次のようにします。

<mt:OtherProfiles type="NOT contact">
author="author_user_name"

出力するプロフィールを特定のユーザーのものにフィルタリングします。設定するのは、ユーザーのログインに使用されるアカウント名 (ユーザー名)です。次のサンプルは、ユーザー名が Melody のユーザーのプロフィールのみにフィルタリングします。

<mt:OtherProfiles author="Melody">

複数のユーザーを対象にしたい場合は、アカウント名をカンマ , で区切ります。

<mt:OtherProfiles author="Melody,Nelson">
display_name="display_name"

出力するプロフィールを特定のユーザーのものにフィルタリングします。設定するのは、ユーザーの設定した表示名です。次のサンプルは、表示名が『メロディ』のユーザーのプロフィールのみにフィルタリングします。

<mt:OtherProfile author="メロディ">

複数のユーザーを対象にしたい場合は、表示名をカンマ , で区切ります。

<mt:OtherProfile author="メロディ,ネルソン">