PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] フォーム投稿の自動返信メールに連番の受付番号を付与することはできますか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年10月) を追加しました。
[新着情報] 【オンライン】11月24日(木) ステークホルダーとの信頼関係を構築できるサイトづくりとは? ~サイトでのBCP対策から情報配信のコツを一挙公開~ を追加しました。
ホーム > PowerCMS > ドキュメント > スタンダード版 > 制作・運用 >

指定日非公開機能

アドオン・プラグイン

PowerCMS には記事/ウェブページを指定した日時に非公開とすることができる、指定日非公開機能があります。

この機能ではスケジュールタスクでの非公開化のほか、管理画面から指定日時を過ぎた記事/ウェブページを非公開にする機能もあります (再構築も同時に実行されます)。

また、記事/ウェブページは公開したまま、指定日時を過ぎているかどうかをテンプレートタグで分岐することも可能です。

非公開日時を指定する

指定日非公開を実行するには、記事/ウェブページ編集画面の「公開」ウィジェット内の「非公開日を設定」チェックボックスにチェックを入れ、非公開日時を指定します(カレンダーから日を指定することもできます)。

日時指定非公開の設定

非公開日が指定された記事/ウェブページの非公開処理

指定日時経過後にスケジュールタスクが実行されると、非公開日の指定された記事/ウェブページを非公開にします(必要なアーカイブの再構築も同時に行います)。

また、管理画面から非公開処理を行うこともできます。管理画面から指定日非公開を実行するには、メニュー「ツール」から「指定日非公開を反映」を選択して実行します。

テンプレート・タグによる非公開日前後での分岐処理

「公開を取りやめる」チェックボックスにチェックを入れずに非公開日を指定すると、テンプレート・タグによって表示内容を切り替えることができます。例えば「本文」欄にイベントの告知を入力し「追記」欄にイベント終了後の表示内容を入力、非公開日にイベント終了日を指定して、終了日以後は表示内容を切り替えるなどの処理が可能になります。

イベント終了日にあわせて表示内容を切り替えるテンプレート・タグの例

<MTIfEntryUnpublished>
  <h2>このイベントは終了しました。</h2>
  <$MTEntryMore$>
<MTElse>
  <!--イベントの告知内容等-->
  <$MTEntryBody$>
</MTIfEntryUnpublished>

日時指定非公開機能に関連するテンプレートタグ

ブロックタグ

MTIfEntryUnpublished
テンプレート・タグが呼び出された時点の時刻と非公開指定日を比較して、非公開指定日を過ぎている場合にタグの内容を処理します。

使用できるモディファイア

checked
「非公開日」にチェックが入っていないものについては負を返します。

ファンクションタグ

MTEntryUnpublishedOn
非公開指定日を日付フォーマットで出力します。format モディファイアで日付表示のフォーマットも可能です。

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。