PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] リッチテキストエディタを使用した際の HTML の記述が XHTML の記述に変換されるのはなぜですか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS 6 > 画面遷移をより少ない操作で行うための動線の追加 - リンク

2022年05月24日

画面遷移をより少ない操作で行うための動線の追加 - リンク

先日の記事 では、アクセス履歴や検索を利用した、画面遷移数の圧縮のための機能についてご紹介いたしました。今回ご紹介するリンクについても、同様に画面遷移を減らすことで、利用時の負荷軽減につながる改善です。

「ワークスペース/スペース」ウィジェット

ユーザーダッシュボードの「ワークスペース/スペース」ウィジェットには、各ワークスペース/スペースの URL が表示されています。これをクリックすると、従来は同ウィンドウ内で表示していましたが、PowerCMS 6 では別ウィンドウで表示するようになりました。

「ワークスペース/スペース」ウィジェットのイメージ

また、「スペース」タブ内で [ページを作成] ボタンが表示されていなかった問題を修正し、ダイレクトにウェブページ作成画面に進むことができるようになっています。

ワークスペース/スペース一覧画面

一覧画面内、「名前」列に、各ワークスペース/スペースを表示するリンクが表示させることができるようになりました。[表示オプション] から、[リンク] をアクティブにしてご利用ください。

ワークスペース一覧のリンクのイメージ

また、PowerCMS 5 でも実装されていますが、リスト表示の右上に、再読み込み アイコンが設置されています。このアイコンでは、ウィンドウ全体ではなく、リスト表示のみをリロードすることができます。フィルタを使っている状態でリロードする場合、そのフィルタを維持してリロードすることが可能です。

記事/ウェブページ編集画面

[更新履歴] ウィジェット内に、[アップデートを作成] リンクが追加されました(「アップデート」の語句については、「呼称の変更」をご覧ください)。

「アップデートを作成」リンクのイメージ

※ ワークスペース作成時にサンプルとして投入された状態の記事など、更新履歴が存在しないことで [更新履歴] ウィジェットが表示されていない場合、このリンクをご利用いただくことはできませんが、その場合でも従来どおり記事/ウェブページ一覧画面からアップデートを作成いただくことが可能です


カテゴリー
PowerCMS 6

Recent Entries