PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[ブログ] 画面遷移をより少ない操作で行うための動線の追加 - リンク を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年4月) を追加しました。
[ブログ] Google 検索の結果に表示される URL を統一する を追加しました。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS 5 > ワークフロー通知メールの内容を Cc 向けに変更する

2022年02月16日

ワークフロー通知メールの内容を Cc 向けに変更する

PowerCMS 5.20 で、ワークフロー通知時の Cc に対応いたしました。

ワークフローの際に送信されるメールの文面は、「PowerCMS Bootstrap ウェブサイト」を使ってテーマをインストールしていれば、ウェブサイト/ブログのシステムテンプレートに「ワークフロー通知」という名前で追加されており、変更が可能です。

デフォルトの文面

デフォルトでは、下記のような文面が届きます。

  • 「このメールはユーザー writer があなたに記事の確認を依頼したことを通知するメールです。」

この内容では、Cc に指定されたメールアドレスで受け取ったユーザーも、自分に依頼されたのだろうか?と誤認する可能性もありそうです。

文面のカスタマイズ

そこで、誰に対して確認依頼が行われたのか明確にしてみましょう。テンプレート変数 change_author_name が利用可能です。ウェブサイト/ブログのシステムテンプレートに「ワークフロー通知」の編集画面で、冒頭の内容を

このメールはユーザー <$mt:var name="author_name"$> が <$mt:var name="change_author_name"$> にウェブページの確認を依頼したことを通知するメールです。このメールはユーザー <$mt:var name="author_name"$> が <$mt:var name="change_author_name"$> に記事の確認を依頼したことを通知するメールです。

とすることで、メールの文面は

  • 「このメールはユーザー writer が superwriter に記事の確認を依頼したことを通知するメールです。」

となります。これで、誰に対して確認依頼が行われたのか明確になりました。

利用可能なテンプレート変数を把握する

このほか、「ワークフロー通知」のテンプレートの中で利用可能なテンプレート変数を把握したい場合は、下記の記事をご参照ください。


カテゴリー
PowerCMS 5

Recent Entries