PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] リッチテキストエディタを使用した際の HTML の記述が XHTML の記述に変換されるのはなぜですか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS 5 > リッチテキストエディタで利用可能な配色を限定する

2022年02月15日

リッチテキストエディタで利用可能な配色を限定する

PowerCMS には、記事の本文/続き欄や、エディタ付きカスタムフィールドなどでリッチテキストを利用することができ、その動作として TinyMCE が組み込まれています。TinyMCE は、設定により動作を制御拡張することが可能なリッチテキストエディタです。下記ドキュメントや、リンクされている関連ページをご覧ください。

例えば、お客様の導入検討の段階で、「星取表」などと呼ばれる機能要件のリストに「ページ作成者が利用可能な配色を限定できること」といった要件が入っていることがあります。TinyMCE のデフォルトでは、文字色や背景色として多くの色を選択可能になっており、またカラーピッカーにより任意の色を選択することも可能になっていますが、下記の記事内でご紹介している「カラーパレットの色を変更する」「カラーパレットで、任意の色を選択するカラーピッカーを無効化する」を行っていただくことで対応が可能です。

選択候補を限定した配色選択

TinyMCE は非常に高機能なリッチテキストエディタであるとともに、PowerCMS では TinyMCE をカスタマイズするための仕組みをご用意しております。ドキュメントやブログ記事をご覧いただき、ぜひご活用ください。


カテゴリー
PowerCMS 5
技術情報

Recent Entries