PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] リッチテキストエディタを使用した際の HTML の記述が XHTML の記述に変換されるのはなぜですか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMSクラウド > PowerCMS パッケージ版と PowerCMS クラウド版の違い

2018年08月22日

PowerCMS パッケージ版と PowerCMS クラウド版の違い

先日、下記の FAQ を公開いたしましたので、ブログでもご紹介いたします。

おなじところ

クラウド版では、クラウドとしてのサービスのため、管理画面からの SFTP アカウント作成や環境変数の設定の機能が存在しますが、PowerCMS パッケージ版と PowerCMS クラウド版について、CMS 製品として機能面・サポート面での大きな違いはありません。クラウド版でも、PowerCMS 製品の機能をご利用いただくことはもちろん、同等のテクニカルサポートが受けられます。

また、ご購入いただく際の初期費用についても、パッケージ版とクラウド版に違いはありません。

ちがうところ

PowerCMS クラウドでは、お申込みの際に弊社が PowerCMS をインストールした環境をご用意いたしますので、すぐにご利用いただくことが可能です。また、PowerCMS クラウドではご利用いただくエディションに応じた月額費用が必要ですが、パッケージ版と異なり、2 年目以降のサポートライセンスをご購入いただく必要がありません。

なお、ラインナップとして、PowerCMS クラウドではプロフェッショナル版以上でのご提供となります。スタンダード版はご用意することができませんのでご留意ください。

ご購入・お問い合わせ

新しく PowerCMS クラウドをお申込みいただくフォームを設置しました。お申込みの際は下記をご利用ください(PowerCMS ご購入フォームから、クラウド版をご希望の旨ご記入いただいてもかまいません)。

事前にご質問・ご相談をいただく場合は下記フォームよりご連絡ください。サポートより回答差し上げます。

また、PowerCMS クラウドではさらにスペックアップしたプランを提供できるよう計画中です。ご期待ください。


カテゴリー
PowerCMSクラウド

Recent Entries