PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] フォーム投稿の自動返信メールに連番の受付番号を付与することはできますか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年10月) を追加しました。
[新着情報] 【オンライン】11月24日(木) ステークホルダーとの信頼関係を構築できるサイトづくりとは? ~サイトでのBCP対策から情報配信のコツを一挙公開~ を追加しました。
ホーム > PowerCMS > ドキュメント > スタンダード版 > フィールドブロックビルダー >

ブロック定義を利用する

アドオン・プラグイン

アーカイブテンプレートで利用する

フィールドブロックビルダーを使って入力した内容は、ファンクションタグ <MTEntryBodyBlockHTML> ひとつで出力することができます。アーカイブテンプレート内の出力したい箇所にこのタグを記述してください。

<MTEntryBodyBlockHTML> は、DynamicMTML には対応していません。動的に出力する箇所で利用するのではなく、再構築時に静的に出力される箇所に記述するようにしてください。

例えば、フィールドブロックビルダーを使っている場合はその内容を、使っていない場合は本文欄を出力する場合、下記のようなテンプレートになります。

<mt:If tag="EntryBodyBlockHTML"><MTEntryBodyBlockHTML><mt:Else><MTEntryBody></mt:If>

記事/ウェブページ編集画面で利用する

記事/ウェブページ編集画面では、作成しておいたブロック定義をドロップダウンメニューから選択して利用することができます。

ブロック定義をドロップダウンメニューから選択する

ブロック定義を選択し、[追加] ボタンを押すと、定義しておいた入力欄のセットが表示されます。

追加された入力欄のセット

同じブロック定義を複数回使用することもできます。

ブロック定義を選択するドロップダウンが表示されていない場合、表示オプションで「本文」を表示するよう設定してください。


お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。