PowerCMS™

大阪でも開催決定!PowerCMS Conference 2018 in Osaka を開催します。約4年ぶりのメジャーバージョンアップ、関連製品の紹介や今後のロードマップも発表します。ぜひともご参加ください。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS Conference 2017 Webインテグレーション事業の事例紹介

2017年12月07日

PowerCMS Conference 2017 Webインテグレーション事業の事例紹介

12月1日に、東京・ベルサール九段にて PowerCMS Conference 2017 を開催しました。 全4セッションの内、ここでは弊社webインテグレーション事業部長 三浦貴之による「Webインテグレーション事業の事例紹介」セッションについて、ご紹介させていただきます。

三浦貴之についての紹介はこちら

Webインテグレーション事業部セッション

弊社webインテグレーション事業部では、「我々の提供する製品により、お客様が運営するwebサイトやパートナー様が提供するサービスを成功に導くこと」をモットーに、PowerCMSやMTコマース、その関連製品を利用したコーポレートサイト、ECサイトの構築、webアプリケーションの受託開発を行っています。

セッション概要

本セッションでは、実際のお客様が抱える課題に対し弊社が解決した、以下の4項目についての事例紹介となります。

  1. 「Webアクセシビリティ改善」
  2. 「セキュリティ改善」
  3. 「サイト運用業務改善」
  4. 「ECサイトの運用保守」

発表資料

なお、本スライドに掲載しておりましたお客様情報は非公開にしております。

1.Webアクセシビリティ改善

お客様の抱える課題

  • スマートフォンやタブレットに最適化されていない
  • Webアクセシビリティに準拠していない

解決策:PowerCMS 8341 + サイトリニューアル

全てのコンテンツをJIS X 8341対応しました。また、ひな形を作成することでCMSの知識がゼロの方でもJIS X 8341に準拠したコンテンツを作り続けることを実現しました。

雛形編集画面

事例紹介:公益財団法人 長寿科学振興財団様 / 公益財団法人 長寿科学振興財団

2.セキュリティ改善

お客様の抱える課題1

  • OS、ミドルウェアの運用コストの増加
  • WordPressの運用コストの増加
  • インフラ保守担当者の不足

解決策:PowerCMSクラウド

PowerCMSクラウドの導入により、セキュアなシステムを維持し運用コストを下げることを実現できたため、お客様はコンテンツ運営にリソースを注力できるようになりました。

  • Point1:OSやミドルウェアのセキュリティアップデート
  • Point2:PowerCMSのアップデート
  • Point3:サーバー性能・死活監視

お客様の抱える課題2

  • コンテンツの完全性、可用性をより高くしたい
  • 改ざん検知の仕組みがない

解決策:PowerCMSクラウド + オプションサービス

全て冗長化されたインフラにすることで可用性の高いサービス提供を実現しました。

冗長化イメージ万が一公開サーバーのコンテンツが改ざんされても15分以内にリカバリする仕組みの提供を実現しました。

改ざん検知イメージ

3.業務改善

お客様の各部署へのヒアリングを実施し、業務フローにおいてどの作業にコストが掛かっているのか調査をしました。

お客様の抱える課題

  • コンテンツの確認作業の負荷が高い
  • 改善、追加開発時の調査・開発コストが高い

解決策:運用フローの見直し + プラグインカスタマイズ

  • Point1:プレビュー機能だけでコンテンツの確認を完結

通常、プレビュー機能では記事のみの確認になりますが、記事一覧画面などもプレビューで確認できるよう実現し、これまでの確認コストの削減を実現しました。

  • Point2:テーマ機能使用したテンプレート管理

テーマのエクスポート、インポート機能とお客様のリポジトリ管理システムを利用し、テンプレートの見直しや改善次の開発コスト削減を実現しました。

4.サイトの運用保守

お客様のECサイトにおいて、ブランドの商品力の訴求とセール時のスケーラビリティの改善が課題にありました。

お客様の抱える課題

  • ブランド、商品力の訴求
  • スケーラビリティの改善

解決策:MTコマース + コンテンツマーケティングの実施

  • Point:クライアント、パートナーとの明確な業務分担

マーケティング、制作、システム、インフラの業務を明確に分担することで、お客様はマーケティングに注力することができるようになり、リニューアル後数年で売上が倍になりました。

登壇者のコメント

今回は、サイト構築ではなくシステムインテグレーションの事例を中心に紹介いたしました。
カンファレンスでもお話させていただきましたが、特に最近はセキュリティ改善のご相談、CMSを導入し運用フェーズに入ってから新たに生まれた課題に関するご相談を頂くことが多くございます。
弊社はPowerCMSをはじめとするCMS関連ソフトウェア開発、販売に加えて、自社製品を利用した受託開発やシステムインテグレーションも多く行っております。
弊社にしかできないソリューションをこれからも提供していきますので、お客様が抱えている課題をお気軽にご相談ください。
最後に、ご紹介させていただきました事例につきましてご質問等ございましたら、お手数ですがお問い合わせフォームからご連絡いただけますと幸いです。
お忙しいところご参加いただきありがとうございました。改めてお礼申し上げます。

記事担当者の感想

セッションでは限られた時間の中、各事例を簡潔にご紹介させていただきましたが、お客様の課題に対する解決策を模索するため、PDCAを何度も繰り返し、試行錯誤することも珍しくありません。難題の連続ではありますが、その課題が解決されお客様のビジネスの成功に貢献できたときは、喜びもひとしおです。弊社Webインテグレーション事業部では、今後もインテグレーション案件において、お客様、パートナー様と共に、弊社でしか提供できないサービス・ソリューションをこれからも提供してまいります。今後とも、アルファサードならびにPowerCMSにご期待ください。

お問い合わせ


カテゴリー
PowerCMS 5
PowerCMS X
イベント・セミナー情報